きおろし きもの教室                            ブログ


「茶碗の中の宇宙」展

もう一つの展示会「茶碗の中の宇宙」展は、楽茶碗の展示会です。

楽茶碗は今から450年前、茶碗といえばろくろを使って作るのが主流だった時代に、千利休が当時の陶工・長次郎に手びねりで作らせたのが始まり。

今回の展示会では、この初代・長次郎から当代・15代に渡る全時代の楽茶碗を総覧しています。

こちらも見逃すわけには行きません。

 

会場では、各代の代表する茶碗が展示されています。

中でも初代・長次郎の作品は数多く展示されていて、

先に見た国立博物館での作品を合わせると、一日でたくさんの長次郎作品に会えたというとても貴重な一日になりました。

 

楽家の茶碗は「一子相伝」ですが、

単に伝統を守って来たのではではありません。

各代とも独自性や創作性を発揮させて独自の作品を作り続けてきました。

     

国宝・待庵/床
国宝・待庵/床

たくさんの楽茶碗を拝見する中で、私にはやはり長次郎の茶碗が印象に残りました。

長次郎の茶椀の多くは、後の織部の茶碗に見られる歪みなどの作為は感じられません。

けれど、茶碗の上から中を覗き込んでみると、とても深いのです。

横から見たのではとても想像できない「深さ」でした。

長次郎の茶椀を覗き込んで、私は利休の茶室「待庵」の床を思い出されました。

待庵の床は、奥の角の柱を見えないように塗り回した「室床(むろどこ)」と呼ばれる作りで、奥行きが感じられるようになっています。

同じ時代を生きた利休と長次郎ですが、どこか似ているのかも知れません。

 

いろんな角度から見たり、実際の大きさを知ったりするのは、

やはり実物ならではの醍醐味ですね。

解説が書かれてありますから、それぞれの楽茶碗が作れれた時代背景などを考えながら拝見出来て、理解が深まりました。

 

こちらの図録は2300円。

もちろん買いました。

どちらの展示会の図録も、記憶が薄まらないうちに、じっくり開いてみたいと思っています。

 

0 コメント

特別展「茶の湯」

今開催中の茶道に関する展示会です。

一枚ですが、内容は二つ。

上の「茶碗の中の宇宙」展と、下の特別展「茶の湯」。

お茶の展示会としては大注目の内容で、先日友人と行ってきました。

 

同じ日に行ったのですが、今日は特別展「茶の湯」のことを書きます。

この展示会は「茶の湯を通して日本人が選び、創造してきた美術の変遷を、室町時代から近代に至るまで大規模に展観するもの」(展示会図録より)

という壮大なもので、この規模は37年振りとのこと。

室町時代から近代にいたる茶の湯の名品が並びます。

 

場所は上野の国立博物館・平成館。

混雑が予想されたので、平日の早い時間に行きました。

入場制限で少し待ちましたが、早かったせいか思ったより早く会場入り。

解説が聞けるイヤホンを借りてスタート。

入場すると・・・混んでいました!

 

見ること3時間。

名品ばかり一度にこれほど見たのは初めてかも知れません。

 

最後の力を振り絞り、売店へ。

どんなに高くても重くても、図録は買うつもりでした。

2800円。

「あら、安いじゃないの」

思わず口から出てしまったほど、展示会の内容は濃かったのです。

 

そして図録のこの厚さ!

計ったら3センチありました。

                               中身は見てきた名品の写真と詳しい解説が載っているの   

                               です。

                               高くなーい!                              

会場には、本当にたくさんの人が訪れていました。

お茶に関わりがない方でも、機会があったら是非足を運んでみてください。

でも、履き慣れた靴で行って下さいね。

混雑のせいか、売店の前以外は途中に椅子は置いてありませんでしたから。

 

 

0 コメント

鳥見神社の獅子舞

この辺りには、伝統行事が多く残っています。

中でも獅子舞は有名で、

各地域にそれぞれ特徴のある獅子舞が今も伝承されています。

 

現在市内には4つの獅子舞が残っていますが、

毎年5月3日は、市内・平岡地域の鳥見神社の祭礼で

獅子舞が奉納されます。

この祭礼は、苗代の種まきの終了を祝う「オコト」と呼ばれる行事の後に、豊作を祈願して奉納されるもの。

ジジ(親獅子)・セナ(若獅子)・カカ(雌獅子)の三者で

舞われます。

千葉県指定の無形民俗文化財にしていされています。

この獅子舞は、先日ブログで紹介した「まっぷる 印西市」に                          

                     も紹介がありますよ。

 

毎年このお祭りに合わせてウォーキングイベントが企画されます。

今年は小林地区の寺社を経由しつつ、この獅子舞も見学しようというもの。

約10kmのコースだそうです。

<申し込み>

●印西ふるさと案内人協会

電 話:0476-46-0193(井越さん)/ FAX :  0476-46-0193

参加費: 300円

集 合: 小林コミュニティプラザ(JR小林駅下車) 受付9:30~

持ち物: 昼食、飲み物、敷物

 

美味しい空気を吸いながら、新緑の中を歩いてみようという方は、

是非参加してみて下さい。

地元の地域新聞には

古墳あり、伝説あり、伝統芸能あり、豊かな自然と文化にひたる・・・」

と盛りだくさんの紹介が載っています。

 

0 コメント

季節の移ろい

昨日は冬のような寒さで再びコートを出してきて着ていたのに、今日は気温も上がって暖かい一日でした。

毎週末雨に降られていた桜も、この辺りでは散り始めたとはいえ、まだ綺麗な花を咲かせています。

 

暑がりの私としては、だんだん気温が高くなってくると、

着物でいるのもじっとしている間は良いですが、

いざ動き始めると、汗との戦い・・・という季節になってきました。

 

お茶のお稽古もその一つ。

火の前に着物を着て座っているのですから、寒い季節は良いですが、気温が高くなってくると、汗が流れてきます。

お茶は、5月からが風炉の季節で夏仕様。

けれどその一ヶ月前の4月は、冬半分・夏半分ということで、

写真のような「透木釜(すききがま)」と呼ばれる釜を使います。

釜の回りにぐるりと羽根がありますね。

このために、炉に釜をかけた際に、釜下の炭火の熱が上がって来ないようになっているのです。

実際、通常の釜よりも暑さを感じません。上手く出来ていますね。

 

話は変わって、こちらの写真は着物用の肌着。

今年は、着物を着た時の暑さ対策に、

ワンピース型の麻の肌着を買いました。

麻は肌につかず、とても涼しいですね。

この肌着はしかも楊柳なので、さらにサラッとします。

暑がりの私は、着物も洋服も麻が好き。

麻は、洗濯してもすぐに乾きます。

麻の着物は、洗って形を整えて干すだけでアイロン不要です。

着物も本来は5月一杯は袷の季節。

けれど近年の温暖化で、正式な場所以外では、5月下旬にとても袷は着ていられません。

洋服でも、最近はゴールデンウィークの頃に夏日で半袖を着ていることもありますね。

着物にはある程度のルールがありますから、まずは見えないところから「夏仕様」を始めてみました。

これから着物も季節の移ろいと共に、春から夏へ、着心地や印象の軽やかな物へ・・・

と少しづつ変わっていくことになります。

 

 

0 コメント

まっぷる「印西市」

こんな小冊子が出来ました。

旅行本「まっぷるマガジン」を制作する昭文社の発行です。

とは言っても中身は「印西市」だけなので、全20ページ。

それでも黄色くくっきり印西市と印字された表紙は、存在感抜群です。

 

こんなに立派な冊子ですが、売り物ではありません。

ですので書店に行っても並んでいませんよ(#^.^#)。

恐らく公共施設などで配布されているのだと思います。

私は支所で目にして手に入れました。

一応、市の経済政策課というところが手掛けているようです。

もちろん無料です。

 

中身は、というと・・・

とか、

など、印西を知り且つ楽しめる内容になっています。

 

 

今回は、この小冊子にも載っている印西市の

マスコットキャラクターもご紹介しましょう。

を持っているサイいんザイ君です。

ベタですね(#^.^#)・・・・・。

このいんザイ君には、市内のイベントなどでも

ちょくちょく会うことが出来ます。

 

小冊子にはこの他にも、

美味しいお店や市内の見どころなどが記載されています。

知らない情報もたくさん載っていたので、

いつか行ってみたいと思います。

 


0 コメント