きおろし きもの教室  

                ブログ



東京五輪チケット当選発表

20日の朝のニュースで、「今日は来年の東京オリンピックチケットの当選発表の日です!」と話しているのを聞きました。

そうそう今日だワ。

我が家も先月、数種目のチケット申し込みをしてあったのです。

抽選結果はメールでも届くとのことでしたが、

メールボックスを開くとまだ届いていません。

あら、お知らせは当選した人にしか来ないのかしら・・?

いえいえ違いますよ。

東京五輪のチケットサイトに、「マイページに抽選結果が出ているから自分で見てね」って書いてありました。

落ち着かないといけないですね。

ニュースでも、「当選しました!」という詐欺のメールで、ウソのチケット振込サイトに誘導するものがあるから注意するようにと言っていました。

アブナイです。

 

手順を確認したところで、「マイページ」に進もうとしましたが、ずごい混雑です。

別に急いでいないので、一度諦めて閉じました。

 

昼前に再び開いてみましたが、まだ待機中。

「並んでいるからそのまま待っててね。閉じると、また最初から並んでもらうよ」と書いてあったので、

今回はパソコンをつなげたままで、

しばらく放置することにしました。

 

一時間ちょっと待ったでしょうか。

やっと右の写真のような表示になりました。

 

今朝見た時には確か140万人くらい並んでいたと思うので、これまでにそれだけの方が抽選結果を確認したワケですね。

実は「どうせ当たらないし・・、でも申し込まなきゃ当たらないよね!」

と申し込みを決定した我が家です。

末席でも!と当選を祈った開会式は残念ながら落選。開会式はテレビで観覧することにしましょう。

 

なんと女子体操の予選が当たりました!。「炎天下でなく見物出来るもの」という我が家の条件(!?)に合致した競技です。

会場は有明体操競技場。席は一番外側です(見えないかも~)

当選したのはこの競技だけでしたが「オリンピック」の雰囲気だけでも味わえるかと思うと、やっぱりちょっと楽しみです。

 

 


着物のお手入れ

既に着物は単衣になっていて、間もなく夏物/薄物になろうという季節です。

着なくなった袷の着物をお手入れに出さないといけませんが、衣替えをした直後は混んでいるような気がして、

ちょっと待っていました。

 

そんな着なくなった袷の着物を、先日ようやく丸洗いに持って行きました。

いつもお願いしているお店です。

初めて見るまだ若い女性の店員さんでした。

「○○店から異動になった△△です」とにこやかに挨拶をして下さったので、

その方が丸洗いをお願いする着物を一枚一枚チェックする間、つい話が弾みました。

 

「洗いに出された着物でこんなにきれいな物って見たことがありません!」と、その方が。

「衿も全然汚れていないですね。私なんか、洋服の時でも衿にファンデーション付いちゃうんです」。

自慢話みたいですが((#^^#))、丸洗いに出した着物に大きな汚れやシミの付いていないことを褒めていただきました。

 

着物の衿が汚れてしまう方は多いですね。

半分に折った衿に沿って、ファンデーションが付いて・・・

というのはよく見かけます。

原因は様々あると思いますが、衣文が抜けていないことが多いように思います。

長襦袢の衿からしっかり抜いて着ると、首回りも楽ですよ。

長襦袢も着物も背中心を意識して、左右対称に着ましょう。

 

右の写真は、別珍の余り裂で自分で作った着物のお手入れ用の小布団です。

私は外から帰って脱いだ着物は、この小布団で必ずホコリを払います。

特に裾回り。洋服でも、靴や靴下は一日で汚れますよね?

目に見えなくても、着物もホコリを被っています。毎回洗えない着物だからこそ、毎回のお手入れは欠かさずにやりたいですね。

この小布団の中に綿の余り布が入っていますが、ファスナーを付けたので、

中身を取り出して外側だけでも洗えます。

 

とにかく、着物は大切に大切に扱うことなんですね~。

 

 

インドじゃないよ、印西市

これだけでは何のことかわかりませんよね?

実は「印西市」のPR動画のタイトルです。

 

月刊千葉ニュータウン 2019年6/8号より
月刊千葉ニュータウン 2019年6/8号より

少し前に、こんなPR動画が出来たことは聞いていました。

今回このPR動画が「第8回観光映像大賞」のファイナリストに選ばれたことが、地元の新聞に載っていました。

 

「観光映像大賞」は、国内の観光プロモーション映像の中から選出されるようです。

今回は、2018年8月~2019年3月までの公募が対象で、

313作品が集まったのだとか。

その中で、「インドじゃないよ、印西市」はファイナリストの10作品の一つに選ばれました。

大賞は逃したものの、Yutubeでの再生は13万回を超えました。

5分程の映像ですが、主に千葉ニュータウン地域の住宅地が映っています。

ドラマ「コード・ブルー/ドクターヘリ緊急救命」を支えた、市内にあるの日本医科大・北総病院のドクターヘリも登場。

明るく楽しい雰囲気にまとまっています。

良かったらご覧になってくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=EoFW5CLlPdc&feature=youtu.be

 

ところで、以前にお知らせした「アド街ック天国/印西編」の放送はどこへ行ってしまったんでしょう?

放映予定日に大阪なおみ選手のテニス生放送に切り替わったきり、放映されないままですが・・・。

番組のHPにも、今のところ放送の予定は記載がありません。

まあ、こちらは気長に待つことにしましょう。

 

衣替え

衣替えの季節です。

そうは言っても最近の温暖化で、とっくに夏服を着ていますね。

昨日も30度を超える夏日でした。

着物も時代に合わせて「気温に沿って切り替えを」と思いますが、

着物の世界はなかなかそう言い切れないところがあります。

 

時々開いてこのブログでも紹介する右の写真の「きもの歳時記」ですが、

「六月」の項にはやはり「衣替え」について書かれてあります。

時々着物を着ることはあっても「暑いから夏はちょっとね」とおっしゃる方もいると思いますが、実は夏の着物の生地には沢山の種類があって、選ぶ楽しみ・着る楽しみがあるんですよ。

 

この本には、かつての日本人が夏の始まる前のこの時期から夏にかけて、

繊細な感性を以ってそれらを着分けていたことが記されています。

それは生地の種類にとどまらず、季節の先取りによって選ばれる着物や帯の柄や

その取り合わせにまで及び、日本人に生まれた喜びと着物をまとう楽しみを教えてくれる内容です。

 

季節は6月1日に線で引いたように変わるわけではないので、その前後で選ぶ着物も行ったり来たりするのですが、

その中できっちり6月1日に変わるのが半衿。

それまでの塩瀬の半衿が、絽の夏物になります。

半衿から始まって、帯揚げも絽になり、帯もだんだん夏らしくなって行き・・・

7月からは、きっぱり夏!になります。

ですから、着物ではどんなに暑くても麻は夏のもの。

6月にはちょっと早い気がします。

 

阿波しじら
阿波しじら

同じ「六月」の項の中に、「阿波しじら」のことが書かれてあります。

阿波しじらは徳島県の織物で、木綿です。

ワッフル地なので肌につかず、サラッと着ることが出来るし、軽いです。

木綿なので自宅で洗えるので、汗をかく季節には嬉しいですね。

ワッフル地のため、自宅で洗ったあとのアイロンも要りませんよ。

汗をかくようになってきたこの季節・・・けれど着物を着てみたい!

そんな着物初心者さんに、オススメの着物かも知れません。

 

 

アド街ック天国

※配布品です
※配布品です

テレビ東京に「出没!アド街ック天国」というバラエティ番組がありますね。

印西市が6月1日(土)放映のこの番組で紹介されるという情報を得ていて、

楽しみにしていました。

この日の朝、テレビの番組表で確かに放映されることを確認。早速録画予約しました。

しかし数分後に再び番組表を見ると、「アド街ック天国」が消えて、大阪なおみさんのテニスの試合に変更に!

ほんの数分の間の出来事です。こんなこともあるんですね。

「出没!アド街ック天国」のHPを見ると、確かに「全仏オープンテニス中継のため放映日時の変更の可能性があります」と記載がありました。

今日現在いつに変更になるか番組HPに記載がありませんが、

お陰でこうしてお知らせすることが出来ましたよ。

市内のどこが紹介されるかわかりませんが、「住み良さNO.1」を誇る我が印西。

ご興味があったら、是非ご覧下さいね。

 

別件で、先日Googleが印西市に日本初のデータセンターを建設するというニュースがありました。

建設予定地は、千葉ニュータウン地域。

地盤が固いことで知られる千葉ニュータウン地区は、東北の震災の後、たいへん注目された時期がありました。

成田空港からも近いですし、データセンターの建設場所としてはとても良いとGoogleに理解されたのかもしれませんね。

 

もう一つ。

聖火リレーのルート概用が発表されました。

47の基点ポイントの中で、ここから一番近いのは成田山新勝寺。

具体的にどの道を通るかは今後決定されるとのことでまだ詳細はわかりませんが、市内を通るようなことがあったらやっぱりちょっと沿道に並んで見送ってみたいなあ~

と思ったり・・・。

ランナーの方も、今月中旬から募集とのことです。