きおろし きもの教室                            ブログ


気持ちと言葉

NHKで、「住民タクシーでどこへでも」という番組をやっていました。

過疎高齢化の進む町でバスなどの公共交通機関が衰退、買い物や通院のために住民タクシーが活躍している、という内容でした。

ここに高齢のご夫婦が登場しましたが、90歳を越えるご主人の方が認知症でした。

支える奥さんの方ももちろんおばあちゃんですが、ご主人を思いやる気持ちが表情だけでなく、一つ一つの言葉にも表れていて、胸を打たれました。

高齢者を支える地域の方も優しくて、お年寄りにかける言葉・お年寄りからの感謝の言葉、どちらも相手への思いやりに満ちていました。

 

別の話ですが、少し前に車の中で聞いていたラジオの番組で「看護師」さんのことが話題になっていました。

看護師さんのお仕事はたいへんですね。病院でお世話になったりすると、本当にその有難味がわかります。

為すべき仕事をこなすだけでもたいへんですが、

患者さんに対して、時に母になり、妻になり、娘になり(女性の場合ですが)、友人になる・・・こともあるワケです。

相手の話を嫌な顔をせずに、さえぎることなく最後まで聞く・・・なかなか難しいことです。

以前病院の待合室に座っていた時のこと、40~50代位の女性が大声で婦長さんらしき人に何か訴え始めました。

何か手違いがあったようでしたが、ご本人は「今日は大事な会議があったのを休んできたのに!」とえらい剣幕。

同じ話を何度も繰り返すその女性に対して、婦長さんは反論することなく

「そうですね」を繰り返しながら聞いていました。

そばでこの様子を見ながら、自分はあの婦長さんのように出来るかしら?と考えていました。

 

人と話す際には、その人との距離感も大切です。

突っ込んで話をしても良い人、サラッと表面だけにしておいた方が良い人・・。

後で「言い過ぎた」と思っても、

言ってしまった言葉を取り消すことは出来ません。

 

相手の気持ちに沿うように、相手との適当な距離感を保ちつつ話をするのは、

なかなか難しいことです。

 

冒頭のご夫婦にテレビで出会った時から、

主人に対して「優しい物言いをしましょ」と、ちょっと心掛けているんですよ。

 

羽織のはなし

着物を着始めたばかり、という方には「着物の上着」までなかなか手が回らないかもしれませんが、

着物を着慣れてくると、「着物の上に羽織物無し」というのは、ちょっと恥ずかしいような心持ちがしてきます。

 

「着物の上着」は防寒のためばかりではありません。

何より、大切な着物を汚れから守ります。

まだ着物を着慣れない方には、例えば綺麗に結べないお太鼓を隠してくれたりする役割もありますね(#^.^#)。

 

「着物の上着」には、大きく分けてコートと羽織があります。

コートは洋服の時と同様、部屋の中で着ていてはおかしいですから、玄関で脱ぎます。

 

羽織は、洋服で言うところのジャケット。

ですから、室内で着ていても構いません。

 

羽織には、羽織紐を選ぶ楽しみもあります。

最近の羽織紐には取り外しのしやすい金具が付いていて、

簡単に交換出来るようになっています。

写真の羽織紐は、金具式のマグネットタイプ。

結ぶ手間がありません。

もちろん、金具式で結ぶタイプの物もあります。

 

写真はこれからの季節に着る紗の羽織。

秋口まで着られます。

 

羽織紐をこれからの季節は写真のような白い色、秋口にはもっと濃い色に取り替えて・・・、ということも出来ます。

羽織紐は帯の真ん中辺りに来るので、結構目立ちますよ。

 

帯の地色、帯締めの色、帯揚げの色、そして羽織紐の色・・・

ここにもコーディネイトの楽しみがあります。

金具式の羽織紐は簡単に取り替えられますから、羽織紐をいくつか用意しておいて、

その日のコーディネイトに合わせて、羽織紐を替えても良いのです。

 

本当に、着物のコーディネイトの楽しみに終わりは無いのですね。

 

 

0 コメント

稀勢の里と牛久and龍ヶ崎

昨日から大相撲・夏場所が始まりました。

稀勢の里の人気はすごいですね。

実は稀勢の里の出身地は案外ここから近いので、

以前からちょっと気になっていました。

遂に昨日、主人と軽いドライブを兼ねて行ってみました。

 

稀勢の里の出生は兵庫県芦屋市ですが、二歳までしかいなくて、その後茨城県龍ケ崎市に転居。中学二年生の時に牛久市へ引っ越しましたが、そのまま龍ケ崎の学校へ通学。

相撲部屋に入門した時の住所が牛久市なので、稀勢の里の公式出身地は「牛久市」となっているそうです。

左の写真は、牛久駅東口のロータリーにある稀勢の里の手形。

今年の一月に建立されたばかりのようです。

 

牛久市役所の正面には、こんな旗が建っていました。

 

稀勢の里が通っていた龍ケ崎市の中学校には「稀勢の里資料室」があるようです

が、週末は閉館ということで、残念ながら行かれませんでした。

稀勢の里は初日の昨日は黒星スタートでしたが、

先場所で痛めた左腕に気を付けながら、頑張って欲しいですね。



ちょうどお昼になったので、近くのレストランでランチ。

何回か来たことがありましたが、「シャトーカミヤ」に入りました。

シャトーカミヤは神谷傳兵衛(かみや でんべえ)が始めたワイナリー。

広い敷地の中に資料館やレストラン、ショップなどがあり、美しい庭園の散策も出来ます。

建物の中には国指定重要文化財になっているレンガ造りの建物もあり、

結構楽しめます。

日曜日のせいかレストランは込んでいて、30分程待ちました。

私が食べたのは「仔羊の香草が香るカチャトーラ風」というランチ。

パンとスープがついて1200円。

見た目も綺麗で、美味しかったですよ。

車でしたのでお酒は飲めませんでしたが、ワイナリーですので、そちらのメニューも充実していると思います。

 

ショップもありますから、ワイン好きの方は是非行ってみて下さいね。


0 コメント

先日の授業で、生徒さんがご自分の浴衣をお持ちになりました。

藍地にあさがおが白抜きされた柄で、藍と白のコントラストがキッパリと美しく、「やっぱり藍はいいわあ」と思いながら拝見していました。

 

藍には色々な種類があります。

インド藍、琉球藍・・・日本の藍はタデアイから作られ

ジャパン・ブルーとも呼ばれています。

 

そんなことを考えていたら、昨日テレビで藍に関する番組を2本やっていました。

どちらも再放送ですが、改めて見るとまた幾つか教えられることがありました。

一つは「美の壺/藍染め~ジャパン・ブルー再発見」。

この中に、福本潮子(しほこ)さんという藍染めを中心に活動されている染織家の方が出ていました。

福本さんによると、色の中で藍ほどグラデーションに巾のある色は無いとのこと。

福本さんは、葛飾北斎の富嶽三十六景の中の「甲州石班澤」の藍の表現に、触発され続けているのだそうです。

富嶽三十六景/甲州石班澤
富嶽三十六景/甲州石班澤


もう一つは、志村ふくみさんの「四季と心をつむぐ”色”」。

この中に藍染めについて語っていらっしゃる場面がありました。

志村さんは藍甕で藍を育てていらっしゃいますが、

「色にいのちがあるってことを教えてくれたのは藍」

「色は(単なる)色ではない」

志村ふくみ作「夜の湖」
志村ふくみ作「夜の湖」

最後に、こちらは私の手提げ。藍染めの弓浜絣です。

深い藍色に染められていて、一目で気に入って買いました。

木綿生地の普段使い。

お茶のお稽古の日に使っています。

 

藍色に染められたものは、

どこかほっとして落ち着きますね。

日本人には、とてもよく似合う色だと思います。


0 コメント

お天気に恵まれたGW

今年の関東地区のゴールデンウィークは、お天気に恵まれています。

カラッと晴れて、すがすがしい気持ちの良いお天気が続きました。

 

私は数日横須賀市の実家へ。

4日に三浦半島にある父のお墓参りに行きました。

最寄駅は京浜急行の終点・三崎口駅。

三崎口駅は、三崎のマグロを食べに行く方たちの

いわば表玄関。降りたら見たこともない長蛇の列が!

そういえば電車の中から混雑していました。

皆さん遠くから「三崎のマグロ」を食べにいらっしゃるのですね。

 

実家からの帰り道、たばこと塩の博物館でやっている「着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男」という展示会に寄りました。

季節感や古典をモチーフにした日本の意匠というのは、本当に美しいですね。

なかなか興味深い展示会でした。

期日を決めて、面白そうな内容の講演会もあります。

 

 

入館料は100円と安いですから、お近くに行かれた際は立ち寄ってみてください。

7月2日まで開催しています。

 

この日も晴天で、

博物館近くのスカイツリーも青空をバックにスッキリと立っていました。

 

今年の連休もあと僅か。

Uターンの渋滞もそろそろ始まるとか。

あと少しお休みして、

また来週から頑張りましょう!


0 コメント