気持ちと言葉

NHKで、「住民タクシーでどこへでも」という番組をやっていました。

過疎高齢化の進む町でバスなどの公共交通機関が衰退、買い物や通院のために住民タクシーが活躍している、という内容でした。

ここに高齢のご夫婦が登場しましたが、90歳を越えるご主人の方が認知症でした。

支える奥さんの方ももちろんおばあちゃんですが、ご主人を思いやる気持ちが表情だけでなく、一つ一つの言葉にも表れていて、胸を打たれました。

高齢者を支える地域の方も優しくて、お年寄りにかける言葉・お年寄りからの感謝の言葉、どちらも相手への思いやりに満ちていました。

 

別の話ですが、少し前に車の中で聞いていたラジオの番組で「看護師」さんのことが話題になっていました。

看護師さんのお仕事はたいへんですね。病院でお世話になったりすると、本当にその有難味がわかります。

為すべき仕事をこなすだけでもたいへんですが、

患者さんに対して、時に母になり、妻になり、娘になり(女性の場合ですが)、友人になる・・・こともあるワケです。

相手の話を嫌な顔をせずに、さえぎることなく最後まで聞く・・・なかなか難しいことです。

以前病院の待合室に座っていた時のこと、40~50代位の女性が大声で婦長さんらしき人に何か訴え始めました。

何か手違いがあったようでしたが、ご本人は「今日は大事な会議があったのを休んできたのに!」とえらい剣幕。

同じ話を何度も繰り返すその女性に対して、婦長さんは反論することなく

「そうですね」を繰り返しながら聞いていました。

そばでこの様子を見ながら、自分はあの婦長さんのように出来るかしら?と考えていました。

 

人と話す際には、その人との距離感も大切です。

突っ込んで話をしても良い人、サラッと表面だけにしておいた方が良い人・・。

後で「言い過ぎた」と思っても、

言ってしまった言葉を取り消すことは出来ません。

 

相手の気持ちに沿うように、相手との適当な距離感を保ちつつ話をするのは、

なかなか難しいことです。

 

冒頭のご夫婦にテレビで出会った時から、

主人に対して「優しい物言いをしましょ」と、ちょっと心掛けているんですよ。

 

稀勢の里と牛久and龍ヶ崎

昨日から大相撲・夏場所が始まりました。

稀勢の里の人気はすごいですね。

実は稀勢の里の出身地は案外ここから近いので、

以前からちょっと気になっていました。

遂に昨日、主人と軽いドライブを兼ねて行ってみました。

 

稀勢の里の出生は兵庫県芦屋市ですが、二歳までしかいなくて、その後茨城県龍ケ崎市に転居。中学二年生の時に牛久市へ引っ越しましたが、そのまま龍ケ崎の学校へ通学。

相撲部屋に入門した時の住所が牛久市なので、稀勢の里の公式出身地は「牛久市」となっているそうです。

左の写真は、牛久駅東口のロータリーにある稀勢の里の手形。

今年の一月に建立されたばかりのようです。

 

牛久市役所の正面には、こんな旗が建っていました。

 

稀勢の里が通っていた龍ケ崎市の中学校には「稀勢の里資料室」があるようです

が、週末は閉館ということで、残念ながら行かれませんでした。

稀勢の里は初日の昨日は黒星スタートでしたが、

先場所で痛めた左腕に気を付けながら、頑張って欲しいですね。



ちょうどお昼になったので、近くのレストランでランチ。

何回か来たことがありましたが、「シャトーカミヤ」に入りました。

シャトーカミヤは神谷傳兵衛(かみや でんべえ)が始めたワイナリー。

広い敷地の中に資料館やレストラン、ショップなどがあり、美しい庭園の散策も出来ます。

建物の中には国指定重要文化財になっているレンガ造りの建物もあり、

結構楽しめます。

日曜日のせいかレストランは込んでいて、30分程待ちました。

私が食べたのは「仔羊の香草が香るカチャトーラ風」というランチ。

パンとスープがついて1200円。

見た目も綺麗で、美味しかったですよ。

車でしたのでお酒は飲めませんでしたが、ワイナリーですので、そちらのメニューも充実していると思います。

 

ショップもありますから、ワイン好きの方は是非行ってみて下さいね。


0 コメント

河口湖へ

先週末はたいへんな寒さでした。

各地でたくさん雪が降り、影響が出ましたね。

センター試験を受けた受験生の皆さま、悪天候の中ひとまずお疲れさまでした。

 

午後の富士山
午後の富士山

そんな底冷えの中、我が家は河口湖に一泊旅行へ。

 

少し前に予定を立てていましたが、

この時期は降雪や路面凍結の恐れがあるので、

自家用車で行かずに、バスで行こう!

ということにしていました。

チケットは事前に買ってありましたので、

東京駅のバスターミナルから高速バスで河口湖へ。

約二時間で到着です。

河口湖駅に着いたバスからおりた瞬間、

キ -----------------------------------------------------ン!!!

骨に差し込むような寒さです。

後から聞いた話だと、この日の最低気温は-8℃とか。

私にとっては、近年記憶に無い寒さです。

 

それでも大勢の観光客がいて、

ほとんど外国の方というのも驚きでした。

観光局の方々は、英語・中国語を巧みに話して

外国人旅行客に対応していました。

 

後で乗った周遊バスの中では女性の運転手さんが、

ずっと英語と中国語で説明をしていて、

こちらもどこか外国を旅行している気分に・・・。

 

これまた後から聞いた話ですが、外国人旅行客の方は、

富士山の他、毎晩河口湖で打ち上げられる花火を楽しみに来るのだとか。

 

空気がシンと冷え込んで、

富士山は、本当に美しい姿を見せてくれました。

                     朝の富士山

 

 


0 コメント

あけましておめでとうございます

関東はお天気に恵まれて、暖かく穏やかなお正月でした。

皆さま、どんなお正月を過ごされましたか?

私は元旦にちょっとお客様をお迎えした後、主人と横須賀市の実家へ行ってきました。

 

ここから横須賀へ車で行く時は、

房総半島・館山自動車道を南下して、

鋸山近くの金谷港から東京湾フェリーに乗ることが多いのですが、今回もそのように。

天気が荒れるとフェリーが揺れたり欠航になったりしますが、このお正月は快晴。

フェリーにもお正月飾りがついていました。

お正月は房総への旅行客や、逆に房総からのお客さんも多いので、車も一杯でした。

 

約30分の乗船で、フェリーは横須賀市の久里浜港に着きます。

ここは幕末にペリー提督が上陸したところ。

記念公園もありますよ。

皆さん遠くからいらっしゃる「くりはま花の国」公園も

近くです。

 


さて、新しい年がはじまりました。

明日から仕事という方もいらっしゃることでしょう。

気持ちも新たに、今年も頑張りたいと思います。

皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

0 コメント

電力の自由化

今年の4月から、電力の自由化が始まりました。

その前後にはテレビでで特集が組まれたりして、かなり話題になりましたね。

この時にご家庭の電気について検討をされた方、既に電力会社を変更された方、いえいえまだ検討中という方・・・

様々だと思います。

 

当時我が家も流行に乗ってちょっと調べてみたりしましたが、結局「よくわかんなーい!」ということに。

「急がずに、しばらく様子を見るのも手ですよ」

などというコメントもあったりしたのでそのままにして、その後ずっと忘れていました。

 

それが、電力会社を変更する機会が突然やってきたのです。

実は先月、長年使ってきたキッチンのコンロを換えました。

近くに契約のガス会社の支店が出来て便利になったところにキャンペーンがあって、

定価の半額で購入できるということで、交換を決めました。

その際に、「電力会社を変えませんか?」

 

我が家の一年分の電気料金を参考にシュミレーションをしていただいたところ、かなり安くなることがわかりました。

良かったのは、その割引が「ポイント」とかではなくて、

「毎月東電料金の5%引き」とはっきりしていることでした。

おまけに、コンロ購入時に契約すると

今回購入のコンロ代も更に3%引きに!!!

 

春先にあれほど考えて決められなかったことが、

あっという間に決まりました。

 

それから各種の手続きがありましたが、それも無事に終わって先日供給開始のお知らせが届き、

来年から我が家の電気代は少し安くなることになりました。

こうして、「いつでも変更できますから」という言葉を保険に、我が家の電力自由化は成ったのでした。

 

 

0 コメント

山ガール

NHKで「山女日記」というドラマを放映しています。

原作は湊かなえさん。

湊さんの小説はいつもちょっと怖い(!?)ですが、こちらのお話はそんなことはありません。

 

お話の内容は置くとして、

毎回山の上の素晴らしい景色に見入ります。

実は私もその昔、山登りをしていました。

 

当時から使っているキーホルダー       「秩父-多摩国立公園」と書いてあります
当時から使っているキーホルダー       「秩父-多摩国立公園」と書いてあります

東京の西の方に住んでいた頃、一緒に山登りをしてくれる

会社の先輩が近所に住んでいて、週末になると

「行く?」

と、どちらからともなく声をかけて、

毎週のように山に出掛けていた頃もありました。

 

一番多かったのが奥多摩です。

奥多摩と一口言いますが、高い山・低い山・見晴らしの良い山・深い山・・・様々な山があるんですよ。

 

時にはこんな山にも・・・

北アルプス・白馬岳へ友人と行った時の写真です。

若いなああ~。

 

ドラマでも、写真でも、山の景色を眺めていると、

近くを風が吹き抜けて行くような気持ちがします。

 

千葉県に越して来てから、奥多摩へ行くためには都内を通り越して行かなければならなくなりました。

山はとても遠くになってしまい、気軽に行けなくなりました。

 

それでも主人の方は、東京を越さずに行ける山・筑波山に、せっせと通っておりますよ。

 

 


0 コメント

「シン・ゴジラ」

関東地方では、すっきりとしない天気が続いていますね。

洗濯物がいつまでも乾かずに、家中にぶら下がっています。

いつだったか天気予報で

「今日は湿度100%です!」

と言っていました。

つまり「洗濯しても全く乾かない」ということですね(*_*)。

 

そんなジメジメした気持ちを吹き飛ばすため---------ではありませんが、

「シン・ゴジラ」を見てきました。

ずっと「面白いわよ~」と、聞かされていました。

興業収入50億円越えの大ヒット中とのこと、

好きな俳優さんも出ているので、見たかった映画です。

やっと時間を作って、主人と見てきました。

 

映画館に行くと売店がありますが、

こんな写真が!

「えっ!? シン・ゴジラだけ売り切れ?」

と、期待は膨らみます。

って、別に買うつもりだったワケではありませんが。

 

 

 

映画の舞台は東京近郊です。

知っている場所や電車が出て来るので、つい感情移入。

「あ----、品川が~!」とか

「きゃあ~、京浜急行が!」とか・・・。

 

まだこれから、という方もいらっしゃるでしょうから、

あまり書くといけませんね。

でも、面白かったですよ。

 

夕方から見たので、終了後に映画館を出ると外は真っ暗。

近くの観覧車が綺麗に見えました。


0 コメント

リオオリンピック・パラリンピック

南米初のオリンピックが間もなく終わりを迎えようとしています。

日本人選手の活躍は、素晴らしいですね。

 

オリンピックの開会式は見逃しましたが、

パラリンピックの開会式は見ていました。

聖火が灯るまで、感動的な演出でした。

障害を持つ方も、ちょっとした手助けがあれば大丈夫!

ということが痛感されました。

パラリンピックの競技については、今まで全く知らずにいたのですが、今回色々知りました。

陸上競技も障害の程度で細かく分かれていること、

バスケットボールのチームは、選手の障害の程度が点数に変換されて、チームの総合ポイントで規定されていること・・・などなど。

こうしてみていると、障害を持つ方々を「障害者」と

ひとくくりに出来ないように思いました。

一人一人が正に「個人」で、よく言われることですが

「障害は個性である」と。

ある障害をもつ選手が言った言葉が頭から離れません。

「僕らが義足を付けることは、普通の人がメガネをかけるのと同じです」

 



 

4年後は、いよいよ東京オリンピックですね。

さて私たちは、世界の人たちに何をアピールできるでしょうか?

 

私のお茶の先生は「茶道でボランティアを」と、考えていらっしゃるようです。

ここは東京会場にもにも成田空港にも近いです。

私たちも、「着物を着てボランティア」なんていうのもありかも!?

 

ところで、国民栄誉賞となったレスリングの伊調選手は、受賞に際しての記者会見で

「贈られる記念品で、欲しいものは?」と聞かれて、

「着物が欲しい」

とおっしゃいました。

「世界に出る機会も増えると思うので、和の文化を身に付けたい」と。

綺麗な着物を着た姿を、是非私たちに見せて欲しいですね。

 

 

 

0 コメント

コーラス・コンサート

お茶の社中に、コラースのグループに所属して

定期的に演奏会を開いていらっしゃる方がいらっしゃいます。

先日定期演奏のお知らせをいただいて、

こちらも社中の友人と聞きに行ってきました。

 

私は歌の方はからきしダメなので、

美しい歌声を持つ人に対しては、尊敬のまなざしです。

このコーラスグループには社中からお二人参加されていますが歌声の綺麗な人は、普段の話し声もどことなく歌うような

美しい響きがあるように思います。

 

当日は、ニュースになるほどの暑さ!

日傘をさして、会場に向かいました。

毎回会場は満席です。

 

知っている曲もたくさんあって、

しばし美しい歌声に聞きほれてきました。

ステージで着ていらしたドレスもステキでしたよ。

 

                           ところで、お二人のうちのお一人は、

                           このコーラス・サークルでもう一人の方にお茶のお稽古に誘わ

                           れて、最近社中に入ってきました。

                           人の縁とは、不思議なものですね。

                           ご自分の世界が更に広がって、

                           いつも楽しそうにお稽古に通われています。 

 

 

                 

0 コメント

芒種(ぼうしゅ)

日本には、一年の春夏秋冬を更に細分した

「二十四節気七十二候」というのがありますね。

今は二十四節気の「芒種」の頃です。

 

この頃はカマキリが生まれ、蛍が飛び交う季節とされています。紫陽花も大分咲いてきました。

昨日関東地方でも梅雨入りが発表されました。

「梅雨」と書くようになったのは、梅の実が熟する時期の雨だからとか。

 

幼い頃に福島県に住んでいたことがあり、

家の前を川が流れていました。

当時は父・母・妹・私と布団を並べて寝ていたのですが、

ある日の夜、蛍が一匹部屋の中に舞い込んできました。

 

「あっ、ほたる!」

急いでテレビと蛍光灯を消し、みんなで蛍の飛ぶ姿を見つめました。

暗闇の中を、蛍はおぼろな光を放ちながら、

ゆったりと飛んでいました。

 

きっと、今頃の季節の出来事だったのでしょうね。

 

そんな蛍の柄の帯は

今頃だけの限定。

季節を表した染帯は

どの季節でも、ステキですね。



ところで、昨日は主人と

「紫陽花を見に行こう!」

ということになり、我孫子市の水生植物園に行きました。

ここは手賀沼の北側にあって、遊歩道も整備されています。サイクリングも出来ますよ。

近くには、清子内親王(現在・黒田清子さん)がお勤めされていた鳥の博物館もあります。

 

色々な紫陽花が咲いていて、

たくさんの人が散歩を楽しんでいました。

そしたら、こんな光景が・・・

人を恐れる様子もなく、目の前を歩いて行きました。

近くを歩いていた人たちは、皆でほほえましく見守りましたよ。

 

芒種の次は、夏至。

一年で昼が一番長い日です。


0 コメント

気持ちと言葉

NHKで、「住民タクシーでどこへでも」という番組をやっていました。

過疎高齢化の進む町でバスなどの公共交通機関が衰退、買い物や通院のために住民タクシーが活躍している、という内容でした。

ここに高齢のご夫婦が登場しましたが、90歳を越えるご主人の方が認知症でした。

支える奥さんの方ももちろんおばあちゃんですが、ご主人を思いやる気持ちが表情だけでなく、一つ一つの言葉にも表れていて、胸を打たれました。

高齢者を支える地域の方も優しくて、お年寄りにかける言葉・お年寄りからの感謝の言葉、どちらも相手への思いやりに満ちていました。

 

続きを読む

羽織のはなし

着物を着始めたばかり、という方には「着物の上着」までなかなか手が回らないかもしれませんが、

着物を着慣れてくると、「着物の上に羽織物無し」というのは、ちょっと恥ずかしいような心持ちがしてきます。

 

「着物の上着」は防寒のためばかりではありません。

何より、大切な着物を汚れから守ります。

まだ着物を着慣れない方には、例えば綺麗に結べないお太鼓を隠してくれたりする役割もありますね(#^.^#)。

 

「着物の上着」には、大きく分けてコートと羽織があります。

コートは洋服の時と同様、部屋の中で着ていてはおかしいですから、玄関で脱ぎます。

 

羽織は、洋服で言うところのジャケット。

ですから、室内で着ていても構いません。

 

続きを読む 0 コメント

稀勢の里と牛久and龍ヶ崎

昨日から大相撲・夏場所が始まりました。

稀勢の里の人気はすごいですね。

実は稀勢の里の出身地は案外ここから近いので、

以前からちょっと気になっていました。

遂に昨日、主人と軽いドライブを兼ねて行ってみました。

 

稀勢の里の出生は兵庫県芦屋市ですが、二歳までしかいなくて、その後茨城県龍ケ崎市に転居。中学二年生の時に牛久市へ引っ越しましたが、そのまま龍ケ崎の学校へ通学。

相撲部屋に入門した時の住所が牛久市なので、稀勢の里の公式出身地は「牛久市」となっているそうです。

左の写真は、牛久駅東口のロータリーにある稀勢の里の手形。

今年の一月に建立されたばかりのようです。

 

牛久市役所の正面には、こんな旗が建っていました。

 

稀勢の里が通っていた龍ケ崎市の中学校には「稀勢の里資料室」があるようです

が、週末は閉館ということで、残念ながら行かれませんでした。

稀勢の里は初日の昨日は黒星スタートでしたが、

先場所で痛めた左腕に気を付けながら、頑張って欲しいですね。


続きを読む 0 コメント

先日の授業で、生徒さんがご自分の浴衣をお持ちになりました。

藍地にあさがおが白抜きされた柄で、藍と白のコントラストがキッパリと美しく、「やっぱり藍はいいわあ」と思いながら拝見していました。

 

藍には色々な種類があります。

インド藍、琉球藍・・・日本の藍はタデアイから作られ

ジャパン・ブルーとも呼ばれています。

 

そんなことを考えていたら、昨日テレビで藍に関する番組を2本やっていました。

どちらも再放送ですが、改めて見るとまた幾つか教えられることがありました。

一つは「美の壺/藍染め~ジャパン・ブルー再発見」。

この中に、福本潮子(しほこ)さんという藍染めを中心に活動されている染織家の方が出ていました。

福本さんによると、色の中で藍ほどグラデーションに巾のある色は無いとのこと。

福本さんは、葛飾北斎の富嶽三十六景の中の「甲州石班澤」の藍の表現に、触発され続けているのだそうです。

富嶽三十六景/甲州石班澤
富嶽三十六景/甲州石班澤

続きを読む 0 コメント

お天気に恵まれたGW

今年の関東地区のゴールデンウィークは、お天気に恵まれています。

カラッと晴れて、すがすがしい気持ちの良いお天気が続きました。

 

私は数日横須賀市の実家へ。

4日に三浦半島にある父のお墓参りに行きました。

最寄駅は京浜急行の終点・三崎口駅。

三崎口駅は、三崎のマグロを食べに行く方たちの

いわば表玄関。降りたら見たこともない長蛇の列が!

そういえば電車の中から混雑していました。

皆さん遠くから「三崎のマグロ」を食べにいらっしゃるのですね。

 

続きを読む 0 コメント