薄物(うすもの)

7月に入ったとたん、気温が30度を超える日が続いていますね。

暑さにまだ慣れていなくて、ちょっと参ってしまいます。

 

着物のほうは、7月8月は薄物(うすもの)の季節です。

着る方も暑い季節に薄物を着ることは嬉しいですが、薄物の魅力は見る方にもあります。

薄物の魅力は、なんといってもその透け感。

着物から下に着ている長襦袢が透けて見えて、涼しげなことこの上ないですね。

 

上村松園「待月」
上村松園「待月」

少し前にご紹介した山下悦子さんの「きもの歳時記」の7月の章には、

「女と夏もの」ということで「薄物」のついての記述があります。

この中で「紋紗」の生地に触れ、

「光線の具合と身のこなしで、水紋のように絶えず布が波立って見える」

中でも見た目の涼しさに紺系統が優れているのは、

「下に白や水色の長襦袢を着ると、光線の具合と身のこなしで、水紋のよう    に絶えず布が波立って見える。・・・紺という地色が水を連想させるからか  もしれない。」

 文章の中に紹介されてる上村松園の「待月」の女性については、

「露草色の紗にうつる朱の色はなまめかしい」。

 

上村松園の描く着物姿の女性は、どれもみな美しいですね。

なかなか絵の中の女性のようには行きませんが、

せっかく涼しげな着物を着ているのですから、

夏に着物を着る時は、本当は汗だくであっても((#^.^#))、ぐったりした顔をしていてはいけません。

髪もスッキリとまとめて、いかにも涼やかに・・・

と行きたいものですね。

 

 

「日本の職人/匠の技」展

東京に行った際に、日本橋三越で開かれている「日本の職人/匠の技」展に寄ってみました。

こんな感じの催事は、デパートなどで時々開催されていますね。

全国の様々な「匠の技」が直接見られるので、見ていて楽しい催事です。

 

今回は全国津々浦々から、染織、家具、日用品、仏壇、宝石・・・など、

さまざまな工芸品を見ることが出来ました。

着物も美しい京都友禅、涼やかな芭蕉上布、藍染め、絞り、久留米絣・・・

いろいろ出展されていました。

その中で、直接お話を聞けたのが江戸小紋の小林染芸さんと牛首紬の加賀乃織座さんです。

 

江戸小紋の小林染芸さんには、さまざまな江戸小紋の反物がズラリ。

有名な柄の他にも、ちょっと楽しくなる遊び心の詰まった柄などさまざま。

最近は反物の巾も広く、裄の長い現代の若い人にも十分対応します。

「気に入った柄で、好きな色にも染められるよ」

 

もう一つは、牛首紬の加賀乃織座。

こちらは金沢市の近くの白山市にある牛首紬のギャラリースペースです。

私は二年前の夏に、牛首紬が実際に織られているもっと山の方のある織元・白山工房を訪れたことがあります。

そこでは実際に玉繭から糸を繰り出している作業などを拝見しました。

今回は完成品がズラリ。

先染めの反物、白生地を訪問着のように染めたもの、袷用、単衣用、盛夏用、牛首紬の帯・・・

色々な種類の牛首紬を見せていただいて、絹の光沢の美しさにうっとりしました。

 

着物以外でも、夏の着物に合わせるしな布の草履やバッグ、伊賀組紐や京扇子、べっこう、藍染め・・・

なども出品されています。

お近くまで行かれた方は、足を運んでみて下さい。

7月4日まで開催です。

 

 

大島紬

大島紬をほどくことにしました。

もともと叔母から譲り受けたものです。

和裁を習っていた頃だったので、それをほどいて洗い張りしてもらい、自分で勉強を兼ねて仕立てた着物でした。

長さもあったので、着物と羽織のアンサンブルに仕立てました。

在りし日の姿は、このホームページの「リンク」のページに

写真を載せてあります。

大島紬の糸はとても細いです。

脇の辺りが痛んでしましました。生地も少し弱っているようです。

着物にするのは諦めて、手提げとか何か別の物に作り変えようと思いました。

 

まずほどいたのは羽織の方。

着物にするワケではないので、多少の縮みはOKということで、自分で手洗いしてみることにしました。

羽織の小さな裂の部分を洗ってみたのが左の写真。

上が洗っていない方、下が洗ってみた方。

ほとんど変わりがないことがわかりました。

もともと大島紬は水に強いと言われています。

ですので、雨コートに仕立てる方もいらっしゃいます。

(撥水加工が必要です)

驚いたのは、すすぎの水を何度変えても黒い色が出ること。

和裁の教室で先生がこの着物に触れられて、「まだ手が黒くなる」とおっしゃったのを覚えています。

それこそが泥で染める大島紬の、まさに「泥」の色なのだと思いました。

思わず、この着物を染めてくれた職人さんの何十年も前の手業に想いを馳せました。

 

「大島紬は水に強い」ということと、「泥で染めた大島紬」の二つの実感で、

今回の水洗いは得ることの多いものとなりました。

 

 

メールは何処へ・・・?

「教室の見学をしたいんですけど・・・」

とお問い合わせのメールが届いたのは、つい先日のこと。

「はい、どうぞお越し下さい。ご都合の良いのはいつですか?」

とすぐ返信しました。

宛先は、ホームページの「お問い合わせ」に書いて下さったメルアドです。

 

その後連絡が無かったところに、一日経って再び同じ方からメールが届きました。

「すみません。メルアドを書き間違えました」

そっかー、だから着かなかったのね。

新しく教えていただいたメルアド宛てに再度お便りを送りました。

「お待ちしています」

 

それを最後に連絡が途絶えてしまいました。

なぜ?という気持ちがあって、ネットで色々調べてみました。

そしてこちらのメールが先方の「迷惑メール」に入ってしまったのではないか?

と思うに至りました。

 

ご本人の意志でご連絡が無いのであれば、それはそれで構わないのですが、あちらではこちらからメールが届かずに、不信感を募らせていらっしゃるかもしれません。

着物を勉強したい!という意欲に満ちたお便りをいただいていたので

私としてもとても残念です。

本当のところは、何が起こったのかさっぱりわかりません。

 

郵便屋さんでしたら

「住所が間違っていましたよ」

                        などといいながら、きちんと届けてくれるのにね。

もしこのブログをお読みでしたら、本校(恵比寿校)の方にお知らせいただければ、

こちらとも連絡がつきますよ。

私の方は、心からお待ちしているのですが・・・。

 

※あれからご連絡が入り、見学にいらっしゃる日時もご相談出来ました。

 ヨカッタ、ヨカッタ(#^.^#)

 

 

「きもの歳時記」

図書館で借りて読んだら手元に置いておきたくなり、Amazonで買った本です。

山下悦子・著で、1998年に平凡社から出版されました。

内容は着物にまつわる様々なこと。

ですので、少し前の出版ですが、私としてはとても興味深く読んでいます。

新装版ということで、別の出版社から今年の3月に出版されたものもあるようです。

 

本に記載された紹介文によると、山下悦子さんは1929年生まれ。

大塚末子きもの学院院長秘書、青山きもの学院院長などをされた方だそうです。

山下悦子さんは、一年のほとんどを着物で過ごされた方。

この本の中には、毎日着物を着ているのでなければ感じることのできない

着物への様々な思いが書かれています。

「打ち合わせ形式の躰を包むきものは、手を動かすにしても足を動かすにしても、布と肌の触れ合いがある。打ち合わせることによって、布と布との触れ合いがある。これが着心地を大きく決定する。私の情感を育ててくれたのは、こういったさまざまなきものであった。」(「二月」より)

 

現在着物の多くが「ハレのもの」になっていますから、

その購入には恐らく色や柄などが大きな要素になるでしょう。

けれど、毎日着物で過ごすには何より「着心地」が大切なのです。

例えば「衣替」の章では、紬・木綿・薄手のウールの着分けのこと、

長襦袢も絽・綸子・麻・絽縮緬の区別・・・などが細やかに書かれています。

これを読むと、着物を日常的に着ていた頃には、季節を追うごとに細やかに着物を着分けてきたことが知られます。

 

温暖化の影響で、最近は5月から30度近くまで気温が上がることも。

そんな関係で「衣替え」の決まりも緩やかになってきました。

山下さんの本を読みながら、私たち日本人の「季節と共に歩む暮らし」にも

思いを馳せています。

 

羽織のはなし

着物を着始めたばかり、という方には「着物の上着」までなかなか手が回らないかもしれませんが、

着物を着慣れてくると、「着物の上に羽織物無し」というのは、ちょっと恥ずかしいような心持ちがしてきます。

 

「着物の上着」は防寒のためばかりではありません。

何より、大切な着物を汚れから守ります。

まだ着物を着慣れない方には、例えば綺麗に結べないお太鼓を隠してくれたりする役割もありますね(#^.^#)。

 

「着物の上着」には、大きく分けてコートと羽織があります。

コートは洋服の時と同様、部屋の中で着ていてはおかしいですから、玄関で脱ぎます。

 

羽織は、洋服で言うところのジャケット。

ですから、室内で着ていても構いません。

 

羽織には、羽織紐を選ぶ楽しみもあります。

最近の羽織紐には取り外しのしやすい金具が付いていて、

簡単に交換出来るようになっています。

写真の羽織紐は、金具式のマグネットタイプ。

結ぶ手間がありません。

もちろん、金具式で結ぶタイプの物もあります。

 

写真はこれからの季節に着る紗の羽織。

秋口まで着られます。

 

羽織紐をこれからの季節は写真のような白い色、秋口にはもっと濃い色に取り替えて・・・、ということも出来ます。

羽織紐は帯の真ん中辺りに来るので、結構目立ちますよ。

 

帯の地色、帯締めの色、帯揚げの色、そして羽織紐の色・・・

ここにもコーディネイトの楽しみがあります。

金具式の羽織紐は簡単に取り替えられますから、羽織紐をいくつか用意しておいて、

その日のコーディネイトに合わせて、羽織紐を替えても良いのです。

 

本当に、着物のコーディネイトの楽しみに終わりは無いのですね。

 

 

0 コメント

先日の授業で、生徒さんがご自分の浴衣をお持ちになりました。

藍地にあさがおが白抜きされた柄で、藍と白のコントラストがキッパリと美しく、「やっぱり藍はいいわあ」と思いながら拝見していました。

 

藍には色々な種類があります。

インド藍、琉球藍・・・日本の藍はタデアイから作られ

ジャパン・ブルーとも呼ばれています。

 

そんなことを考えていたら、昨日テレビで藍に関する番組を2本やっていました。

どちらも再放送ですが、改めて見るとまた幾つか教えられることがありました。

一つは「美の壺/藍染め~ジャパン・ブルー再発見」。

この中に、福本潮子(しほこ)さんという藍染めを中心に活動されている染織家の方が出ていました。

福本さんによると、色の中で藍ほどグラデーションに巾のある色は無いとのこと。

福本さんは、葛飾北斎の富嶽三十六景の中の「甲州石班澤」の藍の表現に、触発され続けているのだそうです。

富嶽三十六景/甲州石班澤
富嶽三十六景/甲州石班澤


もう一つは、志村ふくみさんの「四季と心をつむぐ”色”」。

この中に藍染めについて語っていらっしゃる場面がありました。

志村さんは藍甕で藍を育てていらっしゃいますが、

「色にいのちがあるってことを教えてくれたのは藍」

「色は(単なる)色ではない」

志村ふくみ作「夜の湖」
志村ふくみ作「夜の湖」

最後に、こちらは私の手提げ。藍染めの弓浜絣です。

深い藍色に染められていて、一目で気に入って買いました。

木綿生地の普段使い。

お茶のお稽古の日に使っています。

 

藍色に染められたものは、

どこかほっとして落ち着きますね。

日本人には、とてもよく似合う色だと思います。


0 コメント

お天気に恵まれたGW

今年の関東地区のゴールデンウィークは、お天気に恵まれています。

カラッと晴れて、すがすがしい気持ちの良いお天気が続きました。

 

私は数日横須賀市の実家へ。

4日に三浦半島にある父のお墓参りに行きました。

最寄駅は京浜急行の終点・三崎口駅。

三崎口駅は、三崎のマグロを食べに行く方たちの

いわば表玄関。降りたら見たこともない長蛇の列が!

そういえば電車の中から混雑していました。

皆さん遠くから「三崎のマグロ」を食べにいらっしゃるのですね。

 

実家からの帰り道、たばこと塩の博物館でやっている「着物と装身具に見る江戸のいい女・いい男」という展示会に寄りました。

季節感や古典をモチーフにした日本の意匠というのは、本当に美しいですね。

なかなか興味深い展示会でした。

期日を決めて、面白そうな内容の講演会もあります。

 

 

入館料は100円と安いですから、お近くに行かれた際は立ち寄ってみてください。

7月2日まで開催しています。

 

この日も晴天で、

博物館近くのスカイツリーも青空をバックにスッキリと立っていました。

 

今年の連休もあと僅か。

Uターンの渋滞もそろそろ始まるとか。

あと少しお休みして、

また来週から頑張りましょう!


0 コメント

季節の移ろい

昨日は冬のような寒さで再びコートを出してきて着ていたのに、今日は気温も上がって暖かい一日でした。

毎週末雨に降られていた桜も、この辺りでは散り始めたとはいえ、まだ綺麗な花を咲かせています。

 

暑がりの私としては、だんだん気温が高くなってくると、

着物でいるのもじっとしている間は良いですが、

いざ動き始めると、汗との戦い・・・という季節になってきました。

 

お茶のお稽古もその一つ。

火の前に着物を着て座っているのですから、寒い季節は良いですが、気温が高くなってくると、汗が流れてきます。

お茶は、5月からが風炉の季節で夏仕様。

けれどその一ヶ月前の4月は、冬半分・夏半分ということで、

写真のような「透木釜(すききがま)」と呼ばれる釜を使います。

釜の回りにぐるりと羽根がありますね。

このために、炉に釜をかけた際に、釜下の炭火の熱が上がって来ないようになっているのです。

実際、通常の釜よりも暑さを感じません。上手く出来ていますね。

 

話は変わって、こちらの写真は着物用の肌着。

今年は、着物を着た時の暑さ対策に、

ワンピース型の麻の肌着を買いました。

麻は肌につかず、とても涼しいですね。

この肌着はしかも楊柳なので、さらにサラッとします。

暑がりの私は、着物も洋服も麻が好き。

麻は、洗濯してもすぐに乾きます。

麻の着物は、洗って形を整えて干すだけでアイロン不要です。

着物も本来は5月一杯は袷の季節。

けれど近年の温暖化で、正式な場所以外では、5月下旬にとても袷は着ていられません。

洋服でも、最近はゴールデンウィークの頃に夏日で半袖を着ていることもありますね。

着物にはある程度のルールがありますから、まずは見えないところから「夏仕様」を始めてみました。

これから着物も季節の移ろいと共に、春から夏へ、着心地や印象の軽やかな物へ・・・

と少しづつ変わっていくことになります。

 

 

0 コメント

襲色目(かさねのいろめ)

日本橋屋長兵衛/桜かすてーら
日本橋屋長兵衛/桜かすてーら

お茶の先生のブログを拝見していたら、春らしいお菓子の写真が載っていました。

先生はこのお菓子から素性法師という人の歌を思い浮かばれたようです。

 →http://blog.goo.ne.jp/gsouwao/e/7ca37bf2c2739d73d75e307567850b0b

私はこの色合いから、「襲色目」が思い浮かびました。

 

襲色目というのは、平安時代の十二単(じゅうにひとえ)などに見られる

色の重なりの組み合わせを指します。

この色の組み合わせには、色の重なりの感じでそれぞれ名称が付けられています。

その名称も日本の四季の風物を表現していて、とても美しいのです。

この名称は当時の歌や文学作品にもよく使われているので、

覚えていると作品理解の助けになるかも!?

例えば、桜。

桜に関する襲色目は、数多くあるそうですよ。

 

左から、桜襲(さくらがさね)、薄花桜(うすはなざくら)、桜萌黄(さくらもえぎ)、薄桜萌黄(うすざくらもえぎ)だそうです。

※写真:「すぐわかる日本の伝統色」福田邦夫・著 東京美術

    「かさねの色目」長崎盛輝・著 青幻舎  より

 

まだこの他にも、紅桜(べにざくら)、白桜(しろざくら)、花桜(はなざくら)、葉桜(はざくら)・・・これらの名称からは、

日本人がどれほど桜を愛してきたかが伝わってきます。

 

ところで今年の桜はゆっくり咲くようですね。

東京は昨日満開とのことですが、近所の桜はまだこんな感じです。

 

 

0 コメント