雪は積もりませんでした!

昨日から、今朝は雪が積もっているという予報でしたが、

起きてみると全く雪が無くて、本当にホッとしました。

ですが、新聞が来ていなかったので問い合わせると、

配達のお兄さんが道路の凍結で滑ってケガをしてしまい、

代わりの人がこれから配達するので、もう少し待ってくださいとのこと。

やはり、油断出来ませんね。

配達のお兄さんのケガの軽いことを祈ります。

 

生活の中で雪に降られることはたいへんですが、

着物の柄には雪をモチーフにした優雅で美しい文様があります。

                                          写真は全て雑誌「きものSalon」「美しいキモノ」より

左は「雪輪」。この文様は実は夏にも使われて、浴衣の柄になったりすることもあります。

中央は「雪持ち南天」。赤と白のコントラストが美しいですね。南天には「難を転ずる」という意味もあります。

右は「雪持ちの松」を描いた訪問着です。本当に美しいですね。まるで一幅の絵画のようです。

 

雪が描かれた着物や帯は、白い色のためかどこか清らかに上品で、この季節ならではの美しさを感じます。