桜の柄の着物

桜の季節が近づいてきました。

河津桜などは、もう咲いているようですね。


着物も帯も、季節を表す柄は少し先取りをして身に着けるのがお洒落です。

ですから、桜も散りかけた頃に桜柄を纏うのは、ちょっと遅いのですね。


「桜」柄にも、色々あります。                        写真:「美しいキモノ」「きものサロン」より

一番左は、正に桜満開の絵画のような訪問着です。                

これは「桜の咲くのが待ちどうしいワ」とか、一輪二輪咲き始めたみたい・・・とかいう頃の

季節限定の贅沢な着物です。

真ん中は、よく見ると桜とともに松や楓や菖蒲なども描かれていて、これは季節を問わずに着ることができます。

と言っても、袷のようですから単衣の時期には着ませんが。

右は、卒業式の袴姿です。袖に桜の刺繍があって、今の時期にピッタリですね。