小御門神社

お茶の社中に神主さんがいて、

毎年その神社の春の祭礼に、先生をはじめ社中の有志で

添え窯のお手伝いをしています。

神社は成田市の中心から外れた静かなところにあり、

「小御門(こみかど)神社」と言います。

祭礼は毎年4月29日と決まっていますが、近年はお天気に恵まれ

今年も清々しい良いお天気でした。

写真に受付が写っていますが、その右のテントが水屋で、

その向こうに赤い毛氈を敷いた縁台があり、

例祭に来た方々にお茶を差し上げました。

昼過ぎまでのご奉仕のあと、毎年恒例なのですが、

一人一人の希望を聞いて、それぞれ個別に祈願をして下さいます。

私は「健康」の祈願をお願いしました。


そして、夕方に帰宅しました。

荷物がたくさんありました。

宅急便も届いていました。

スリッパを履いて、階段を上がり・・・

と思ったら、階段を踏み外しました。

階段からころげ落ちるのは何とか踏みとどまりましたが、

右膝を階段に強打しました。

痛くて痛くて涙が出そうでした。


それから、寝るまでずっと保冷剤で冷やしました。

歩くのもやっとです。

夜は「熱さまシート」を二枚貼って寝ました。

翌日大分楽になっていましたが、連休中にひどくなるといけないと思い、病院でレントゲンを撮ってもらいました。

・・・結果は、異状なしでした。

「小御門神社」の祈願のお陰だと思いました。


着物を着ていたのも良かったかも知れません。

裾除け・長襦袢・着物と三重に保護されていましたから。

それにしても、足袋にスリッパは危険です。

スポスポ脱げますから、皆さまご注意くださいね。