今日から単衣の季節です

着物は季節によって、袷の着物・単衣の着物・薄物に分けられます。

10月~5月が袷、6月・9月が単衣、7月・8月の盛夏には薄物を着ます。

温暖化で暑くなるのが早くなっていて、今年も先月末から夏のような暑さでしたね。

けれど、着物のルールは変わってないので、カジュアルに普段着として着る以外、

正式な場所ではこの規則を守ります。

その規則に従うと、今日からは「単衣」の季節です。

半衿は塩瀬から絽のものへ、帯揚げも綸子などから絽へと、夏仕様に向かいます。

帯締めは季節を問わないことになっていますが、最近は透け感のあるレース組の帯締めがあり、

そちらを使う方もいます。

 

6月・9月に着る単衣の着物は、

帯そのものや帯揚げ・帯締めなどの帯回りの小物を変えることで、

初夏と初秋の両方の季節に着ることが出来ます。

6月は夏に向かって行くように、9月は秋に向かって行くように装います。

 

同じ着物で比べてみましょう。

着物は、単衣の時期に重宝する本塩沢。

こちらは今頃の装い。

風に揺れる柳にツバメが飛んで、涼しそうですね。

同じ着物を9月に着るとすると・・・


こちらは、茶色の博多献上帯のコーディネイト。

まだまだ暑いので、帯揚げや帯締めに白色を残しています。

けれで、ぐっと秋らしくなりますね。