四十八茶百鼠

染織の本を開いていたら、「四十八茶百鼠」という言葉が目に留まりました。

「しじゅうはっちゃひゃくねずみ」と読みます。


何のことかというと、話は江戸時代にさかのぼります。

江戸時代も中頃になると人々の生活が豊かになり、衣服に対す欲求も膨らんできました。

そんな江戸の人々に対して幕府は「奢侈(しゃし)禁止令」を出し、

着物は綿か麻素材で、しかも「茶色」・「鼠色」・「藍色」の着物しか着てはならん!

ということにしてしまったのです。

しかしお洒落を楽しみたい江戸の人々は創意工夫を重ね、

それまでには無かった「茶色」や「鼠色」を次々と生み出して行きました。

それが江戸の粋「四十八茶百鼠」と呼ばれる、微妙にニュアンスの異なる色々です。

「四十八」や「百」は具体的な数字ではありません。

それ程たくさんあった、という意味です。


こんなに微妙に異なる色にそれぞれ名前を付け、

作る方も着る方も感じ分けてていたと思うとすごいですね。

日本の色名はどれも趣があり、

色名をなぞるだけでも「うむ、なるほど」と楽しくなります。

 

ところで話は変わりますが

このブログも当初から「墨色(黒)」ではなくて、「鼠色」で書いているんですよ。

少し目に優しい気がいたしまして・・・。