ハギを入れて身丈を長くする

梅雨に入り、蒸し暑い日が続いています。

何となくベトベトと汗ばんで、着物が汚れてしまいそうな

気がしますね。

 

そんなこの季節に重宝するのが、綿麻の着物です。

綿麻ですから自宅で洗えて、いつも気持ち良く着ることが出来ます。

 

写真は、ネットで仕立て代込みの料金表示のあった反物を購入し、そこで仕立ててもらった綿麻の着物です。

綿麻の着物ですからそんなに高価でなかったのと、

すぐに着たかったものですから、お願いしました。

けれど、洗ったらものすごく縮んでしまい、

おはしょり丈が短くなってしまいました。

 

気になりつつもそのまま着ていましたが、やはり何だか落ち着かないので、ハギを入れることにしました。

揚げにも余裕が無かったので、ハギのためになるべく同じ素材の似たような生地を探しました。

鋏を入れる際には、おはしょりの部分で隠れるように十分注意します!

今回は、衽と衿に縫込みの余裕がありましたので、その部分は切らずにすみました。


腰の部分にハギが入っています
腰の部分にハギが入っています
拡大すると、こんな感じ
拡大すると、こんな感じ

 普通、綿や麻の着物は反物から仕立てる前に水に通します。

そうすると、後で着物を手洗いしてもそれ程縮みません。

仕立て込みの価格表示の着物が全てそうだとは限らないかも知れませんが、

この着物についてはそういう処理がしていなかったのだと思います。

 

ネットの買物などは簡単ですが、顔を見て話すことなく購入出来ますから、

色々確認した方が良いこともありますね。