田んぼのみどり

ゴールデンウィークの頃に、近所の田植えが始まる話を

書きました。

その後植えられた稲はぐんぐん生長して、

今ではあたり一面緑色になっています。

ちょっとわかりずらいですが、田んぼの畔に、白鷺(しらさぎ)が四羽、等間隔に立ち止り(?)休んでいました。

電車やベンチに等間隔を空けて座る人間みたいですね。



車で走っていたら、同じく以前に書いた鳥見神社の前を通りました。

この神社では、毎年5月の祭礼で千葉県の無形民俗文化財に指定されている獅子舞が奉納されます。

 


この境内で、獅子舞が舞われます。

何だか、本当に神様がいらっしゃりそうな雰囲気があると思いませんか?