半巾帯

浴衣の季節が近づいてきて、

お店にもたくさんの半巾帯が並ぶようになってきましたね。

 

一口に半巾帯といっても、実は色々な種類があります。

素材も、正絹・綿・麻・ポリエステル・・・、

きりっと締まるのは、やはり正絹です。

長さは3.5~4m、中には長尺の4.3mくらいのものあります。

 

写真の茶色の花はポリエステル、緑は木綿のミンサー織、

橙と黒は正絹でリバーシブルになった小袋帯ですが、

黒の方は長尺、黄色は薄地の正絹ひとえです。


半巾帯の結び方は本当にたくさんありますし、

自分で自由にアレンジしてもOKです。

リバーシブルの帯だったら正面にちょっと裏側を出して、こんな感じに結ぶとアクセントになります。

帯締めや帯留をしても、

良いですね。

ちょっとヒップを隠したいわあ

という場合は、ボリュームの出る結びにしてお太鼓結びのようにタレを下げると、お尻が小さく見えますよ。

 

半巾帯の中にも少し巾の広いものがありますから、

背の高い人やぽっちゃりさんはそういう帯で結ぶと全体のバランスが良くなります。


 

お教室でも半巾帯の結び方を勉強しますが、

最初「浴衣は着ないし・・・」と言っていても、実際に色々結んでみると楽しくなってくるようで、

「浴衣買おうかなあ」などと言ってお帰りになります。

半巾帯は実は浴衣だけでなく、右上の写真のように着物にも合わせられるんですよ。

お太鼓結びが難しく思われる方は、気軽にまず半巾帯から始めてみたらいかがですか?