暑い日が続きます・・・

それにしても暑いですね。

連日の猛暑は記録的とのことですので、確かに暑く感じるハズですね。

この暑い時期に着物を着るのは、なかなかたいへんです。

正絹の着物を汗でシミにすることは出来ません。

皆さん、それぞれ色々と工夫されているようですよ。


まず、下着は冬の物と同じではとても着ていられません。

麻だったり楊柳だったり汗取りが付いていたり・・・、

最近は少しでも快適に過ごすために、色々新素材の物もあるようです。


しかし、「楽」ばかりで済まないのが長襦袢です。

写真のような「薄物」と呼ばれる盛夏限定の透ける着物を着る場合は、

ご覧のように長襦袢が透けて見えますから、そのことを意識して長襦袢を選ばなければなりません。

寸法も着物ときちっと合っていないと、足首が見えてしまったりします。

その他に着付け小物にも、夏仕様の物はたくさんあります。

帯板もメッシュにしたり、帯枕をヘチマにしてみたり、

或いは名古屋帯を止めて半巾帯にすると、帯枕が無い分随分涼しいとか・・・。


私にとって本当に暑く感じられるのが、お茶のお稽古の時です。

お湯を沸かす風炉と呼ばれるお釜の前に、着物を着て正座するのです。

自宅の火のついたコンロの前に、着物を着て立っているのと同じです。

そこで暑がりの私は、お稽古の前に小さな保冷剤をハンカチに包んで、胸元に忍ばせます。

あっという間に解けてしまいますが、束の間の・・・。


けれど、明日は暦の上での秋「立秋」ですよ。

近所の田んぼの稲も、お米が実ってきました。

栗の実も、まだまだ青いですが成りはじめています。

まだまだ「秋」という実感には程遠いですが、

気がつかないところで、季節は少しづつ移ろっているのかも知れませんね。