刺繍いろいろ

着物の文様がたくさん載った本を開いていたら、

素敵な刺繍が目に留まりました。

写真が鮮明でなくて申し訳ありませんが、ほんの一部紹介します。

 

まず、こちらは竪絽の帯に朝顔の刺繍がしてあります。

金と赤の朝顔の花は菅縫い(すがぬい)、葉は麻の葉縫いとまつりぬいで処理されています。



こちらも絽の名古屋帯の一部で、垣根に沿う葡萄の実と蔦です。

葡萄の実が、染めの他、

金銀の駒詰め(こまずめ)と菅縫いで表現されています。


こちらは金地の帯に施された菊の刺繍です。

花は縫い切り、葉は地引きした上に葉脈を金・銀で駒取り(こまどり)したり、まつり縫いのみの葉も組み合わせて変化を付けています。


とても説明しきれなので、各々の技法の説明は省きますが刺繍にはもっとたくさんの技法があります。

着物回りの刺繍は、帯だけでなく着物や半衿にも見ることができますね。

そこには「日本刺繍」だけでなく、「中国刺繍」の技法も使われています。

刺繍の技法にはそれぞれ特徴があって、表されるものに

染めや織りとはまた違った豊かな表情を与えます。