やればやるほど・・・

着付け教室の生徒さんで、会社員の方がお勉強に来ていらっしゃいました。

毎日忙しくて、自宅で練習する時間が無いようでした。

それでも、お休みすることなく通われて、カリキュラムは着々と進んで行きました。


「きものカルチャー研究所・初等科コース」では、

コースの最後に筆記試験と実技試験があります。

筆記試験は、テキストの中からの出題、80点以上で合格。

実技試験は、15分以内に留袖・袋帯二重太鼓を結びます。

筆記・実技共に合格しなければ、初等科修了証書はいただけません。


この方は日頃練習出来ないので、ご自身の夏休みに集中してお勉強する計画を立てられました。

ご本人が頑張るとおっしゃるからには、私も!ということで、

今週は4日修了試験に向けて一緒に頑張りました。


日頃練習出来ないので、この一週間は日を追うごとに上達して行きました。

筆記試験は一回目で合格。

実技試験は、着物は良かったのですが、二重太鼓が曲がってしまい、

再試験に・・・。

けれどまた練習されて、その次にはみごと合格されました。


着付けの勉強は、何度も着てみることが大切です。

実際に自分の手を動かして、自分のカラダで色々なことを感じながら、納得しつつ進みます。

生徒さんも、最後には「やっぱり何回も着てみないとダメですね。」と、皆さんおっしゃいますよ。

暑い最中に着付けの勉強はたいへんですが、お勉強中の皆さまは頑張ってくださいね。


さて、私も来週は夏休みです(*^^*)。

旅行に行きますが、帰ってきましたら楽しい報告が出来ますように。