ランチとお茶とおしゃべりと

昨日は、東京駅付近で古くからの友人と久しぶりに会って

おしゃべりしてきました

まずお互いの体調の話からそれぞれの家族のこと、

仕事の話や世間話・・・、若い頃から何でも話してきた

仲ですから、会うのは久しぶりでも話は直ぐに通じます。


この友人は岡山県の山奥のほうに(?)住んでいて、

なかなか思い立った時に会うということができません。

私は岡山方面に用事のあることは無いので、

彼女が仕事で東京に来る都合のある時に声をかけてもらう、

という感じです。


彼女は学生時代の頃から文化と文化が交わるところ、

様々な文化が入り混じっているようなところ、

が好きでした。

そんな想いがご主人と出会うきっかけになったのかもしれませんが、ご主人はトルコ人です。


彼女は、時にトルコ語の通訳をしたり、トルコ映画の翻訳をしたり、トルコや日本の紹介番組制作の手伝いをしたり

して、トルコと日本の架け橋となっているようです。





もう30年近くの付き合いになりました。

年に一度会えるかどうかなのに、東京に来るときには

必ず連絡をくれて、付き合いが続いていますから、

不思議ですね。

会っておしゃべり出来るのも、ランチを挟んで

わずか数時間なのですが。


少しづつ年齢を重ねて行きますが、毎回昨日会ったような顔で再会し、「またね~」と明日会うような挨拶をして別れます。

また今度、お互い元気で会えますように。