小雨の中のお茶会

小雨の中、靖国神社のお茶室でのお茶会が無事に終わりました。

私は自分を晴れ女だと思っているのですが、

天気予報で「雷雨が・・・」と予報が出ていたので、

小雨で済んだのは本当に良かったです。


着物を着る日に雨降りですと、余計な気遣いが増え、

持ち物も増え、疲れも増し・・・と、良いことはありません。


今回のお茶会は、裏千家の我が社中と裏千家のもう一つの社中、

それと武家茶道の石州流の三社中の合同茶会でした。

我が社中は椅子席(立礼)で、もう一つの社中は広間で

薄茶席、石州流の社中は濃茶席をそれぞれ受け持って、

おもてなしをしたり、お茶をいただいたりしました。


ですからおもてなしをする側になった際には

各人それぞれ仕事を受け持ちますが、

今回私は午前中はお客さまとして楽しんで良かったので、

それぞれのお席でお茶とお菓子をいただきました。

それぞれのお席には、この日のために亭主が準備した様々なお道具やお花も飾られていますから、そちらも楽しませていただきました

もちろんお菓子も、この日のために用意された特別のお菓子です。

正に、一期一会ですね。


午後は、自分の社中に戻りおもてなしをする側です。

お客様を直接おもてなしする係になった人は、落ち着いて笑顔で対応しますが、裏方はなかなタイヘンです。

席中の気配に気を配りながら、お客様をお待たせしたり

することのないように、テキパキ仕事をこなします。

もう汗だくです。

「何だか、あっと言う間だったわあ~」

無事に終わった後、みんなでそんな感想を漏らしました。


小雨でしたし、なかなか忙しい一日だったので、

気付くと写真は一枚きりでした。

自分の仕事ぶりを振り返ると、反省することばかりです。


それでも今日は昨日いただいた会記を見ながら、拝見したお道具や、我が社中とは異なるお点前、また着物姿の美しいたたずまいの方・・・など思い出しているところです。