風炉から炉へ

お茶の世界にも季節があって、

10月までは「風炉」、11月からは「炉」の季節になります。

畳の表面ににお茶を沸かすための「炉」が切ってるのは、見かけたことがあるかと思いますが、

「風炉」というのは、お湯を沸かすために畳の上に置いた「炉」のことです。


「中置」の配置
「中置」の配置

10月は風炉の季節も終盤にさしかかり、

そろそろ炉の季節になりますね、

ということで、「中置」という過渡期のお点前をすることがあります。

暑い夏の間、水の入った水差しはお客様に近い方に、

お湯を沸かす釜はお客様から遠くの位置に・・・

という配置で道具を置きますが、

少し涼しくなってきた時期のこの「中置」では、水差しを遠くに、

そして火の起きている釜をお客様に近付けて置くのです。


11月になると、閉めてあった炉を開きます。

11月は「茶人の正月」とも言われます。

新茶を詰めた茶壺の口を切り、新茶をお客さまに振る舞う「口切の茶事」が行われるのもこの頃です。

この茶壺の口を開けるのにも決まった手順があって、

「口切の茶事」では、その「茶壺の口を切る」ところもお客様にお見せします。

新茶の入った茶壺の口を切る一年でだた一回だけのことですから、おごそかに行われます。


炉のお点前は、半年間お稽古していた風炉のお点前とまた異なりますから、

アタマをリセットして、お稽古に臨むことになります。