昭和の森公園

今年も何処かに梅を見に行きたいと思っていました。

水戸の偕楽園に行くこともあるのですが、

朝ゆっくりと寝ていましたので、ちょっと遠出には・・・

ということで、ネットで探して千葉市・昭和の森公園に

行くことにしました。

 

「昭和の森公園」は、名前を聞いたことがありました。

千葉市といってもかなりはずれのほうで、

外房線・土気(とけ)駅が最寄り駅です。

 

広大な敷地にテニスコートや野球場があったり、

子供が遊べる冒険広場があったり、自転車を借りてサイクリングしたり、

と誰もが楽しめる気持ちの良い公園です。

 

四季折々のお花も楽しめるようになっていて、目的の梅園もご覧の通りで、近づくと良い香りがしました。

 

びっくりしたのは、展望台からの眺めです。

右の写真の中央を細く横に走る青い線は、九十九里の海です。

ここから九十九里まで約13kmほどですが、

ここから眺められるとは思いませんでした。

車で走っていたので全く気付かなかったのですが、

この辺りの標高は100メートルくらいもあって、

かなりの高台なんですね。

さえぎるものが何もないので、遠くの海まで見渡せるワケです。

 

きれいな梅も見たし、思わず九十九里まで見渡して

おまけをもらった気持ちになって満足して帰りましたよ。