ぞれぞれのきもの道(みち)

きものカルチャー初等科に入学されると、着付けの技術と平行して、着物についての様々な事柄や決まりごとも学びます。

卒業する頃には、

「着付けだけ習うつもりだったのに、本当にいろんなことが勉強出来ました」

と皆さんおっしゃいます。

 

何も知らないところから始まるのですから、

授業の中で、その方の興味の度合いや話の流れによって、テキストに書かれている以外の、色々な話が加わって行きます。

こちらもなるべく興味を持っていただけるよう、

なるべくわかりやすく、と心掛けて様々なお話をします。

 

そして一定期間お勉強に通ううちに、

その人なりの着物との関わり方が見えてくるようです。

初等科を卒業する頃には、その人なりのその後の進路が決まってくるのです。

 

 更にもっと、今度は人に着せることも勉強したいと中等科へ進学する人、

「着物が着たいので、お友達と月一回の着物ランチ会を作りました!」と、嬉しい報告をしてくれる人、

また、「帯締め作りを勉強してみようと思うんです」という人・・・。

帯締め/様々な組み方があります
帯締め/様々な組み方があります
     和裁は畳にあぐらです
     和裁は畳にあぐらです

今度卒業される方は、和裁教室に通うことにされたようです。

この方は、初等科に通われる中で「自分のサイズに合った仕立て」の大切さに

気付かれて、和裁に興味を持たれました。

私も着物の仕立てについてのお話をたくさんしました。

 

何も知らないところから着物の勉強を始めた皆さんが、

卒業する頃には自分と着物との関わり方を見つけて、

自分のきもの道(みち)を歩き始める・・・

とうのは、私にとってとても嬉しいことなんですよ。