お蔵の中の雛飾り

雛飾りの話が続きます。

 

近所の古い蔵の中で、

おひなさまを展示しているというので行ってきました。

 

ここは「吉岡まちかど博物館」と呼ばれる建物で、

明治24年に建てられた土蔵です。

江戸時代から利根川河岸で問屋を営んでいた吉岡家の土蔵を

「木下(きおろし)まち育て塾」が借用して、

多くの人の手を借りて修復したものです。

ここでは、定期的に郷土の歴史講座を開いたり、今回のように催事を持ったりしています。

 

蔵の中に入ると、まるで春のような明るさで・・・。

二階では、吊るし雛作り体験もしていました。

大勢の方が、階段を上っていかれましたよ。

 

下の写真は、「狆(ちん)曳きの官女」と呼ばれる珍しい人形です。「狆」は犬のチンのことです。

上流階級では犬の狆を飼うことが好まれ、また犬は「戌の日に腹帯」など安産信仰とも関係が深いことから、

明治中頃から昭和初期頃まで、雛人形に好んで飾られたそうですよ。