小御門神社の祭礼

                小御門神社
                小御門神社

昨日は、成田市にある「小御門(こみかど)神社」の春の祭礼の

お手伝いをしました。

なぜ成田の神社かというと、お茶の社中にこの神社の神主さんがいて毎年春の祭礼の際に、先生を中心に社中の有志で添え窯のご奉仕をしているのです。

つまり、祭礼に来た皆さんに、お茶を一服差し上げるワケですね。

今年で五年目になり、最近はこのご奉仕のお茶を楽しみにしていて下さる方もいらっしゃるようです。

先生は、神様に濃茶と薄茶の献茶もされます。

 

毎年お天気に恵まれますが、今年も晴天。

風の強い日でしたが、神社の中は大きな木に囲まれて、

風はほとんどありませんでした。

この日一日の内容は

毎年盛りだくさんです。

お神楽の奉納があったり、お能が舞われたり、ブラスバンドの演奏があったり・・・します。

今年は、子供相撲も行われていました。

毎年、たくさんの人たちがいらっしゃいます。

写真は、お茶に添えてお出しする干菓子で、小御門神社で用意して下さいます。

意匠は「上がり藤」。

小御門神社のいくつかの紋の中の一つだそうです。

 

ご奉仕が終わった後は、毎年恒例で、

最後にお祓いを受けて帰ります。

また一年、健康に過ごせますように。

 

ご奉仕が終わって、私もちょっとお休みです。

次回は、連休が明けたらまた書きますね。