浴衣もいろいろ

店頭にたくさんの浴衣が並ぶ季節になりました。

今年初めて浴衣を買おうという方、

或いは、新しく買い換えようという方、

ちょっと見てから考えようという方・・・

いろいろな方がいらっしゃると思います。

 

一般的に浴衣は綿100%ですが、

実は他にもさまざまな浴衣があります。

 

右の写真は、麻。

シワにはなりやすいですが

麻は肌に付かず、

とても涼しいですよ。

 

 

 

下の写真の左は絹紅梅(きぬこうばい)。

紅梅とは、織る際に何本か毎に太い糸を織り込んで、

生地に写真のような格子模様が出来る織り方をしたものです。綿紅梅というのもあります。

 

下の写真の右は絽(ろ)。

こちらは少し隙間が出来る織り方で、夏向きの生地です。隙間があるので、涼しそうですね。



ちょっと本格的なものもご紹介しましょう。

 

こちらは有松(ありまつ)絞りの浴衣。

名古屋市の有松で、昔から作られています。

藍染めでとてもステキですね。

絞りの手間はたいへんなものですから、

お値段の方も、それなりです。

 

一口に浴衣と言っても、

きちんとしたものの中には、長襦袢を着て足袋をはき、

普通の着物としても着られるものもありますよ。

 

こちらは、東京の長板中形(ながいたちゅうがた)の浴衣です。

長板中形は、裏表の柄をピッタリ合わせた両面染の浴衣。

高度な技術が必要なので、こちらもお値段はそれなりになります。

 

ところで、浴衣を着る時も、衿の合わせや胸の脇の身八ッ口から肌が見えないように、下着はきちんと身に付けましょう。

ウエスト周りの補正をきちんとすると、汗取りはもちろんのこと、帯をきれいに締めることが出来ますよ。

補正には個人差がありますから、習いに行った先生に、

よくご相談くださいね。