薄物(うすもの)

関東地方の梅雨明けはまだですが、毎日蒸し暑い日が続いていますね。

夏はどんなに薄着でいても、汗をかきます。

何枚も重ね着をして全身を布で覆われている着物姿ではなおさらです。

この暑さのせいで、夏の着物はちょっと・・・という方は多いですね。

 

一方で、夏こそ着物!という方もいらっしゃいます。

夏の着物には実は種類がたくさんあって、着物好きには楽しみな季節でもあるのです。

 

今回は、夏の着物の種類については置くとして、

一年の中でこの季節限り!といえば「薄物(うすもの)」、つまり透ける着物のお話しをしましょう。

 

写真は、伊東深水の「指」。

日本髪に結った女性が、素肌に直接「薄物」と呼ばれる着物をはおっています。

艶めかしいですね。

実際に薄物の着物を着る際には、

着物の下にはきちんと長襦袢を着ますので、ご注意を。

 

薄物の着物は、7月8月の限定です。

見る人にも涼しく、というのが薄物の醍醐味です。

そして、この薄物には着る方にも緊張感が必要なのですね。

下に着る長襦袢が透けますから、長襦袢と着物の丈がきちんと合っていないと

ちょっと見苦しいことになります。

逆に、長襦袢が透けることを見越して、着物は無地にして柄のある長襦袢を着る

というテクニックもあります。

 

 いずれにしても、着物を着たらダラッとしていてはいけません。

どんなに暑くても涼しい顔で・・・

って、それが出来たら苦労しないんですが。