リサイクルショップ

着ずに取っておいた衣類の断捨離をしようと思いました。

「この生地好きだわあ」とか

「これはあの時に着て行った服で・・・」など、

様々な想いから捨てずに何年も取っておいた衣類です。

 

でも「3年着なければ、もう着ない」とか言いますね。

思い切ることにしました。

 

持ち込んだのは、近所のリサイクルショップ。

このお店は、市外からいらしていた生徒さんから教えていただいたお店です。灯台下暗しですね。

捨てるよりは、とたくさん持って行きましたが、

売れたのは少し。

「古い物は売れませんから」

と説明されましたが、

買い取ってもらえたのは古い物ばかり・・・。

「カシミアとかなら別ですが」とのことですが、持って行った中にはカシミアのカーディガンもあったりして、

査定の基準は結局よくわかりませんでした(*_*)。



このお店には、着物類も置いてあります

教室の生徒さんは、ここに帯を見に来たのですね。

 

自分で持ち込んで衣類の査定を待つ間、

ちょっとこの着物売り場を覗いてみました。

比較的きれいな品物が並んでいます。

着物は、小紋や留袖など分類分けしてハンガーに吊るされていますから、柄なども見やすくなっていました。

 

ただ、サイズが細かく表示されていないので、

購入するにはサイズの確認が必要です。

着物を買う場合には、自分の長襦袢との兼ね合いも考慮しなければなりません。

実はお店の方も、着物について細かいところまではご存知ない様子でした。

 

着物をこれから着ようという人や着付けの勉強を始めて間もない方にとって、リサイクルショップで着物を購入することはなかなか難しいですね。

せっかく買っても長襦袢とサイズが合わなかったり、

身幅が狭かったりすることもあります。

帯も古いものは長さが短いことが多いですから、

柄が気に入って購入しても、「あら長さが足りなかったわ」とか、結んだ時に出したいところに柄が出ない、

などということもありますよ。

十分に確認して購入してくださいね。

 

着付けを勉強する際には、着物の寸法についても

是非勉強して下さい。

自分の適性寸法を知ることが、

綺麗に着物を着ることへの第一歩になりますから。