母の着物から帯

これは母の着ていた着物から仕立てた名古屋帯です。

先日生徒さんから

「ステキな帯ですね。

と言っていただいたので、調子に乗ってアップしました!

 

生地は塩沢で、もともとは袷の着物に仕立ててあり、

絞りと同色の紫色の裏地が付いていました。

塩沢はシボがあってさらっとしていることから、

単衣に向く着物とも言われていますね。

 

塩沢の着物に絞りが付いているというのは珍しいように思いますが、私が知らないだけかもしれません。

私としては「塩沢が好き」ということはもちろんですが、

この絞りの花が好きで、何とか自分に着物に仕立て直したいと思いました。

 

絞り部分の拡大
絞り部分の拡大

けれどこの着物は昔の着物で反物の幅が狭く、

裄の長い私のサイズに仕立て直しをすることが出来ませんでした。

それでも諦めきれずにいた私に、

「名古屋帯にしたら?」

というアドバイスがあり、名古屋帯に変身することになりました。

 

古い着物で多少のシミもあったので、なるべくきれいなところが表に出るように仕立ての方が苦心されたのだと思いますが、

                   前柄を出すために、いつも左巻きのところをこの帯は右巻きで締めます。

 

いずれにしても、捨てずに身に付けることが出来ました。

着物って不思議ですね。

着ていた人のぬくもりや思い出と共に受け継がれて行きますよ。

(って、母はまだ健在です!(^^)!)