着物を着る手間は・・・

先日ある着物の雑誌を読んでいたら、「着物をなるべく短い時間で着るコツ」という特集がありました。

約束の時間が迫っているのに、着付けが終わらない~!

という悩みは、着物を着始めた頃には誰もが経験することですね。


「半衿が綺麗に付けられない」という悩みを持つている方は多いですが、特集記事の中には「半衿付けを簡単に!」というアイデアもたくさん紹介されていました。

中には半衿を両面テープでつけたり、

安全ピンでつけたりするやり方も・・・。

今は、半衿がファスナーで取り付けられる長襦袢もあるそうです。

着物の振りからちらっと見える長襦袢は、

出来れば色々な柄を持ちたいもの。

そんな乙女心を満たしてくれるものに「替え袖」が

あります。

これは、長襦袢の袖だけ付け替えて使うもので、

ほとんどものがマジックテープやスナップで留めて、

簡単に取り外しが出来るようになっています。



本来の「無双袖」仕立て(袖下振りの部分)
本来の「無双袖」仕立て(袖下振りの部分)

そんなお手軽な技が色々生まれていますが、

着物教室に通ってお勉強する機会のある方は、是非本来の半衿付けや袖の仕組みを勉強していただきたいと思ってます。

 

着物の衿から肩にかけては、女性らしさが一番出るところ。

仕立てる方も、丁寧に仕上げます。

衿はカーブなっていますから、半衿の内側はシワが出来ないように

少しつり気味につけるのが基本ですが、

「どのくらいつらせるの・・・?」きおろしきもの教室では、

衿の仕立ての仕組みからお話しして、背中心から左右同じようにつらせてつけるようにお伝えしています。

 

また、本来長襦袢の袖には、単衣仕立てと無双袖という袷の仕立てがありますが、

替え袖には「無双袖仕立て」になっていないものもあります。

 

今は皆さん忙しいですから、なるべく簡単に手早く着たいと思うのは当然ですね。

手間がかからないということも、とても魅力的です。

着てしまえばほとんどわかりませんが、承知して着ているのと、知らずに着ているのでは、

また、基本がわかって手を抜くのと、最初から簡単な方法で覚えてしまうのでは意味が違うと思います。

 

着物を着るのは、手間がかかることですね。

脱いだ後も、洗濯機に放り込んで終わり!というワケにもいきません。

けれど、脱いだ後に、次に着るために埃をおとし、汚れが付いていないかを確認し、しっかり汗をぬいてからしまう・・・

というのも「着物文化」の一つだと思っています。

 

手間暇かけるきものと、簡単に扱える着物。

ご自身で使い分けながら、着物と付き合ってくださいね。