夜咄の茶事が終わりました

昨日、無事に夜咄の茶事が終わりました。

夏頃から計画していた茶事でしたが、和やかに楽しく行うことが出来ました。

 

季節柄、お茶事の前に風邪を引いてしまった方もいらっしゃいましたが、

早めにお医者に行ったりして、皆さん万全の体制。

かくいう私も、お茶事二日前にDOWN(前日でなくて良かったわあ~)。

けれど前日には復活し、席中も咳き込む方はいらっしゃらず、お茶事は穏やかに進行しました。

 

今回は頑張って主菓子を手作りしました。

本に作り方は書いてあっても、普段お菓子作りをしないので、最初はなかなか納得の行くように出来ませんでした。

けれど、何事も経験(!?)ですね。

何度か回を重ねるごとにコツがつかめてきて、

お茶事近くなって、やっとお客様に召し上がっていただけるものが出来ました。

 

「手作りする」というのはそれだけでお茶事の「ご馳走」になります。

作った側の苦労を想ったり、味わった側の感想など・・・買ってきたものでは生まれない、

席中でお話しの何よりの材料になるのです。

手作りしたのは、私だけではありません。

懐石料理を担当して下さった方は、献立に悩んで眠れない夜があったとか。

お干菓子担当の方も、お忙しい合間をぬって手作りの品を。

亭主側のそれぞれが、お客様に喜んでいただこうと思いを込めました。

 

昨晩は、ホッとしながらもお茶事の様子が思い出されて、ちょっと興奮して(!?)よく眠れませんでした。

今回至らなかった点は、また次回への課題です。

寒い中、夜遅くにいらして下さったお客様の皆さま、一緒にお茶事の準備をして下さった亭主側の皆さま、

そして何より、このお茶事のために色々準備して下さった先生、どうもありがとうございました。