「白洲正子ときもの」展

暮れにちょっとご紹介した「白洲正子ときもの展」のお話をしましょう。

松屋銀座で、16日(月)まで開催されています。

 

今回の展示会では、ご自身の着ていた着物を中心に、

お住まいだった白洲邸・武相荘(ぶあいそう)での暮らしぶりを感じさせる

食器や書斎での愛用品、和装小物などを展示しています。

 

白洲正子さんの着物は、決して豪華な訪問着などではありません。

ご自身は授賞式などにも、「晴れ着ではない」とされる紬の着物を着ていらしたこともあります。

展示会では、そんな白洲正子さんに愛されて

幾度も袖を通されたであろう数々の着物に出会うことが出来ます。

 

会場のあちらこちらに、白洲さんの著作物からの言葉も掲示されていました。

どの言葉も心に残りましたが、私にとって印象的だったのは

「洋服は型と生地が主であるが、着物には調和の面白さがある」(「きもの美」より)

という言葉でした。

そうです。

着物には取り合わせの楽しみ・喜びがあるのです。

 

「着物一枚に帯三本」とも言われるように、

同じ着物でも、帯や帯締めなどによって

雰囲気はぐんと変わります。

その他にも、衿元を印象付ける半衿や、

歩くと翻る裾の八掛(裏地)の色、

取り替えて楽しめる羽織の紐、

着物の裾から覗く足袋の柄・・・。

 

今年も、着物や帯、帯揚げ・帯締め・・・

たくさんの組み合わせを楽しみましょう!

 

 

 

ところで、お住まいだった武相荘は、公開されています。

(小田急線・鶴川駅下車)

私も名前を知っているだけで

行ったことはないのですが、

時々イベントなども行われているようです。

 

現地に足を運べば、より一層

白洲正子さんの感性に触れられるかも知れませんね。