木下駅南骨董市

毎月第一土曜日に、木下駅南口で骨董市が開かれています。

最初どのくらい続くかしら?と心配しましたが、その後も無事に継続して、毎回大勢のお客さんで賑わっています。

 

今月7日は新年明けたばかりというのと、暖かなお天気にも恵まれて、かなり人が出ているように思いました。

こちらもまだお正月気分が抜けていないので、

ちょっと足を踏み入れてみました。

 

色々な物が並べれれています。

いわゆる骨董品として思い浮かべる物の他にも、

「なんでも鑑定団」で時々目にする私には全く価値のわからない「石」や「貨幣」なども。

その他、着物や古書、絵画、人形・・・様々です。

 

あるお店に、綺麗な桜柄の棗(なつめ)がありました。

桐箱にきれいな真田紐も付いていて、作者の名前もありました。値段を尋ねると

「2万円だよ」

うーん。


「買ってくれるなら1万5千円でいいや」

あっという間に25%オフに。

けれど、こちらは今回は見送ることに。

 

また別のお店の店頭に、綺麗な小皿が置いてありました。

5枚セットの裏を返すと

「イマリ ¥1000」

とありました。

1000円なら買えるわなあ。

 

 

 

と思案しているところに、遠くから声がかかりました。

「500円でいいよ」

こちらは、あっという間に50%オフです。

5枚で500円だと、一枚は缶コーヒーより安いことになるので、こちらは迷わず買うことに。

 

骨董市は、見ているだけでも楽しいですね。

会場は木下駅から直ぐです。

駐車場もありますよ。