着物のコーディネイト

「白洲正子ときもの展」の回で、着物の取り合わせについて触れたので、

手持ちの着物と帯で、コーディネイトをしてみました。

比較しやすいように、無地の大島紬を選んでいます。

無地の着物は帯の柄を選びませんから、コーディネイトしやすいですよ。

 

 一番左は白い帯。

白い帯は一本あると重宝すると言われています。

白地はどんな着物にも合いますし、全体の中に余白を作って、着姿をスッキリと見せます。

帯揚げや帯締めに優しい色を持ってくると、

全体に女性らしい優しい装いになりますね。

 

左から二番目は、漆箔のされた帯。

格子のデザインが目を引きます。

ちょつとキリッと合わせてみました。

帯揚げは帯の色から、帯締めは着物色から取って、

全体の色数を抑えました。

 

三つめは更紗の帯。

着物が無地なので、細かい柄の帯も合わせやすいです。

帯の柄の中に色々な色が使われていますが、

今回はその中からグリーンを取って、

帯揚げ・帯締めに合わせてみました。

 

以上三点は名古屋帯ですが、一番右は八寸帯。

ぐっとカジュアルに、帯揚げも帯の反対色に近い水色をチョイス。帯締めも同様にして、個性的な装いに。


参考に、同じ帯で帯揚げと帯締めを変えてみましょう。

帯が同じでも、帯揚げ・帯締めを変えるだけで、

印象が変わります。

 

着物を何枚も持たなくても、

帯や小物で取り合わせの楽しみを味わうことができます。

私も着物を準備するときに、候補の帯揚げ・帯締めを用意しておいて、最終的には実際に着るときの気分で決める、

ということがよくありますよ。