鳥見神社の獅子舞

この辺りには、伝統行事が多く残っています。

中でも獅子舞は有名で、

各地域にそれぞれ特徴のある獅子舞が今も伝承されています。

 

現在市内には4つの獅子舞が残っていますが、

毎年5月3日は、市内・平岡地域の鳥見神社の祭礼で

獅子舞が奉納されます。

この祭礼は、苗代の種まきの終了を祝う「オコト」と呼ばれる行事の後に、豊作を祈願して奉納されるもの。

ジジ(親獅子)・セナ(若獅子)・カカ(雌獅子)の三者で

舞われます。

千葉県指定の無形民俗文化財にしていされています。

この獅子舞は、先日ブログで紹介した「まっぷる 印西市」に                          

                     も紹介がありますよ。

 

毎年このお祭りに合わせてウォーキングイベントが企画されます。

今年は小林地区の寺社を経由しつつ、この獅子舞も見学しようというもの。

約10kmのコースだそうです。

<申し込み>

●印西ふるさと案内人協会

電 話:0476-46-0193(井越さん)/ FAX :  0476-46-0193

参加費: 300円

集 合: 小林コミュニティプラザ(JR小林駅下車) 受付9:30~

持ち物: 昼食、飲み物、敷物

 

美味しい空気を吸いながら、新緑の中を歩いてみようという方は、

是非参加してみて下さい。

地元の地域新聞には

古墳あり、伝説あり、伝統芸能あり、豊かな自然と文化にひたる・・・」

と盛りだくさんの紹介が載っています。