稀勢の里と牛久and龍ヶ崎

昨日から大相撲・夏場所が始まりました。

稀勢の里の人気はすごいですね。

実は稀勢の里の出身地は案外ここから近いので、

以前からちょっと気になっていました。

遂に昨日、主人と軽いドライブを兼ねて行ってみました。

 

稀勢の里の出生は兵庫県芦屋市ですが、二歳までしかいなくて、その後茨城県龍ケ崎市に転居。中学二年生の時に牛久市へ引っ越しましたが、そのまま龍ケ崎の学校へ通学。

相撲部屋に入門した時の住所が牛久市なので、稀勢の里の公式出身地は「牛久市」となっているそうです。

左の写真は、牛久駅東口のロータリーにある稀勢の里の手形。

今年の一月に建立されたばかりのようです。

 

牛久市役所の正面には、こんな旗が建っていました。

 

稀勢の里が通っていた龍ケ崎市の中学校には「稀勢の里資料室」があるようです

が、週末は閉館ということで、残念ながら行かれませんでした。

稀勢の里は初日の昨日は黒星スタートでしたが、

先場所で痛めた左腕に気を付けながら、頑張って欲しいですね。



ちょうどお昼になったので、近くのレストランでランチ。

何回か来たことがありましたが、「シャトーカミヤ」に入りました。

シャトーカミヤは神谷傳兵衛(かみや でんべえ)が始めたワイナリー。

広い敷地の中に資料館やレストラン、ショップなどがあり、美しい庭園の散策も出来ます。

建物の中には国指定重要文化財になっているレンガ造りの建物もあり、

結構楽しめます。

日曜日のせいかレストランは込んでいて、30分程待ちました。

私が食べたのは「仔羊の香草が香るカチャトーラ風」というランチ。

パンとスープがついて1200円。

見た目も綺麗で、美味しかったですよ。

車でしたのでお酒は飲めませんでしたが、ワイナリーですので、そちらのメニューも充実していると思います。

 

ショップもありますから、ワイン好きの方は是非行ってみて下さいね。