「水墨の風」展

出光美術館で開催中の「水墨の風」展に行ってきました。

副タイトルに「長谷川等伯と雪舟」とあります。

長谷川等伯と雪舟の優品を中心に、

中国絵画の名品を交えて紹介しようという展示会です。

 

水墨画は、日本には鎌倉時代に禅と共に伝わったのだそうです。

水墨画は、ちょっとお茶の世界にも関係があります。

室町時代に時代に始まった茶の湯ですが、

当時は掛物に中国絵画が用いられていました。

中でも牧谿(もっけい)の水墨画は特に好まれていたそうですが、

今回の展示の中にも牧谿の作品があります。

 

日本の水墨画といえば雪舟。

室町時代に明に渡って本場の水墨画を勉強して帰国し、

後世に大きな影響を与えました。

 

もう一人の長谷川等伯は、雪舟より少し後の時代・豊臣秀吉の頃の人です。

千利休とも親交がありました。

長谷川等伯は、水墨画だけでなく障壁画なども描いています。

今回の展示会では「竹鶴図屏風」という作品がありました

(左のパンフレットの一番上)

会場の解説にもありましたが、等伯の「松林図屏風」(国宝)を思い起こさせます。

以前「松林図屏風」を見る機会があったのに、その機会を逸してしまったことがあるのですが、きっとこんなタッチなのだろうと思いました。

墨の濃淡で表現された竹林に引き込まれました。

 

水墨画は基本的に墨一色です。

墨の濃淡や筆の運び(運筆)だけで表現します。

そして描かれていない余白部分・・・にも、私たち日本人は何か感じるところがありますね。

 

その他、足利将軍家の同朋衆だった観阿弥・相阿弥の作品なども展示されています。

興味のある方は、是非足を運んでみて下さい

7月17日までです。