「日本の職人/匠の技」展

東京に行った際に、日本橋三越で開かれている「日本の職人/匠の技」展に寄ってみました。

こんな感じの催事は、デパートなどで時々開催されていますね。

全国の様々な「匠の技」が直接見られるので、見ていて楽しい催事です。

 

今回は全国津々浦々から、染織、家具、日用品、仏壇、宝石・・・など、

さまざまな工芸品を見ることが出来ました。

着物も美しい京都友禅、涼やかな芭蕉上布、藍染め、絞り、久留米絣・・・

いろいろ出展されていました。

その中で、直接お話を聞けたのが江戸小紋の小林染芸さんと牛首紬の加賀乃織座さんです。

 

江戸小紋の小林染芸さんには、さまざまな江戸小紋の反物がズラリ。

有名な柄の他にも、ちょっと楽しくなる遊び心の詰まった柄などさまざま。

最近は反物の巾も広く、裄の長い現代の若い人にも十分対応します。

「気に入った柄で、好きな色にも染められるよ」

 

もう一つは、牛首紬の加賀乃織座。

こちらは金沢市の近くの白山市にある牛首紬のギャラリースペースです。

私は二年前の夏に、牛首紬が実際に織られているもっと山の方のある織元・白山工房を訪れたことがあります。

そこでは実際に玉繭から糸を繰り出している作業などを拝見しました。

今回は完成品がズラリ。

先染めの反物、白生地を訪問着のように染めたもの、袷用、単衣用、盛夏用、牛首紬の帯・・・

色々な種類の牛首紬を見せていただいて、絹の光沢の美しさにうっとりしました。

 

着物以外でも、夏の着物に合わせるしな布の草履やバッグ、伊賀組紐や京扇子、べっこう、藍染め・・・

なども出品されています。

お近くまで行かれた方は、足を運んでみて下さい。

7月4日まで開催です。