薄物(うすもの)

7月に入ったとたん、気温が30度を超える日が続いていますね。

暑さにまだ慣れていなくて、ちょっと参ってしまいます。

 

着物のほうは、7月8月は薄物(うすもの)の季節です。

着る方も暑い季節に薄物を着ることは嬉しいですが、薄物の魅力は見る方にもあります。

薄物の魅力は、なんといってもその透け感。

着物から下に着ている長襦袢が透けて見えて、涼しげなことこの上ないですね。

 

上村松園「待月」
上村松園「待月」

少し前にご紹介した山下悦子さんの「きもの歳時記」の7月の章には、

「女と夏もの」ということで「薄物」のついての記述があります。

この中で「紋紗」の生地に触れ、

「光線の具合と身のこなしで、水紋のように絶えず布が波立って見える」

中でも見た目の涼しさに紺系統が優れているのは、

「下に白や水色の長襦袢を着ると、光線の具合と身のこなしで、水紋のよう    に絶えず布が波立って見える。・・・紺という地色が水を連想させるからか  もしれない。」

 文章の中に紹介されてる上村松園の「待月」の女性については、

「露草色の紗にうつる朱の色はなまめかしい」。

 

上村松園の描く着物姿の女性は、どれもみな美しいですね。

なかなか絵の中の女性のようには行きませんが、

せっかく涼しげな着物を着ているのですから、

夏に着物を着る時は、本当は汗だくであっても((#^.^#))、ぐったりした顔をしていてはいけません。

髪もスッキリとまとめて、いかにも涼やかに・・・

と行きたいものですね。