お茶のお稽古

母の入院のために二か月お休みしていたお茶のお稽古ですが、母も大分落ち着いたのでお稽古を再開することにしました。

二か月あっという間でしたが、久しぶりに先生のお宅にお邪魔すると、和室はすっかり夏の風情に。

床には「澗水湛如藍(かんすい たたえて あいのごとし)」と書かれたお軸。

お花は白く涼しげな槿(むくげ)が一輪。

並べれれた数々のお道具類も、夏ならではのものばかりでした。

 

釣瓶水指(注連縄無し)
釣瓶水指(注連縄無し)

先生が「盛夏ののお点前をまだやっていなかったからやりましょうね」

とおっしゃって、今日は「洗い茶巾」と「名水点て」というお点前を。

「洗い茶巾」は茶巾を収めた茶碗の中に水を張って茶室に運び入れ、

お点前の最中にお客さまの前で茶巾を絞り、その水音が涼を呼ぶ、というもの。

「名水点て」は木製の釣瓶水指に名水を入れ、注連縄を巡らせて使います。

お客様はこの水指の様子を見ることで「名水が入っているのだわ」と理解し、

お点前が始まる前に、その名水を所望していただくというものです。

 

久しぶりのお稽古で、

全部忘れてしまったのではないかしら・・・?、と心配していました。

お点前の始まり、柄杓を自分の正面で構えた時には、

ちょっと気持ちが引き締まりました。

 

槿(むくげ)
槿(むくげ)

帰りにちょっと寄ったスーパーで、年配の女性から

「素敵ねえ」

と着物姿をほめていただきました。

今日着ていたのは、水色の絽の小紋に万寿菊柄の紗紬の名古屋帯。

実際のところお茶のお稽古の後で着物の下は汗ぐっしょりでしたが

「ありがとうございます」

とその場はにこやかに応えて、別れました。

着物姿は目立ちますね。

暑い毎日ですが、着物を着ている時は涼やかに行きましょう!