蝋燭能 in 印西

先日市内の文化ホールで、写真のような能・狂言の舞台がありました。

随分前からチケットは発売されたのですが、

行かれるかどうか予定が立たなかったので、もたもたしていました。

期日が近くなっても若干残席があるようでしたので、

何とか都合をつけて足を運ぶことにしました。

そんな訳で席がちょっと後ろの方になってしまい、

双眼鏡を持って出掛けました。

 

私にお能の知識はほとんどありませんが、

狂言師の野村萬斎さんは知っています。皆さんも良くご存知ですね。

 

今回の公演でとても良かったのは、演じ手でもあるシテ方の小島英明さんが、公園前に作品解説をして下さったことです。

演目のストーリーや演出・見どころなどを、

とてもわかりやすくお話してくださいました。

 

最初の演目は狂言の「仏師」。

これは田舎者と仏師に化けたの詐欺師(野村萬斎さん)の仏像を巡るやりとりを描いた作品。

狂言は、現代の私たちにもわかりやすいですね。

会場でも、時々笑い声があがりました。

最初の小島さんの説明のお陰で、とても楽しく見ることが出来ました。

 

仕舞の「野宮」をはさんで照明が落ち、

蝋燭に火が灯っていよいよ蝋燭能です

演目は源氏物語を題材にした「葵上」。

頑張って集中しましたが、

お能はちょっと難しいですね・・・(#^.^#)。

 

 

ところでこの「葵上」では葵上役の人はいなくて、

舞台上に置かれた小袖が葵上を意味します。

そして、その葵上に恨みを抱く六条御息所(小島英明さん)が登場。

最初「泥目」という女性の面をつけていますが、

後半では般若の面に変わります。

れは六条御息所の葵上に対する嫉妬や怒りを表します。

 

この時の衣装が上の写真のうろこ模様。

うろこ模様は能装束の中では、女の執念・鬼女を意味するものとされています。

そんなことを頭に入れて見ると、能衣装も面白いですね。