まずは、弘前へ。

青森県への旅行は早起きをして、東京を8:20の東北新幹線に乗車しました。

新青森へ3時間で着きますから、早いものですね。

 

新青森で在来線に乗り換えて弘前へ。

乗り換えのために一旦新青森駅で新幹線の改札口を出ようとしたところ、

「こぎん刺し」が出迎えてくれました。

そうです!青森県といえばこぎん刺しが有名ですね。

このこぎん刺しに会うのも今回楽しみにしていたことでした。

 

新青森ー弘前間は本数もあり、約30分で着きます。

弘前駅で申し込んでいたレンタカーに乗り込み、旅のスタートです。

弘前は見どころがたくさんあるところ。

弘前城の桜は有名ですね。

こちらも立ち寄りましたが、現在はお城の石垣の修理中。

それでもお城の中には入ることが出来ます。

 

弘前市では観光旅行のために、クーポン付きの割引券があります。このクーポンで入園券の他、アップルパイを食べることが出来るようになっています。

とにかくリンゴ、リンゴ、リンゴ・・・なんですね。

お土産も、リンゴを加工したものが大半です。

このクーポンを使って、我が家は2回アップルパイを食べました。

そして是非体験して見たかったのが、津軽三味線の生演奏を聞くこと。

こちらは一回目は泊まった宿で、二回目は「津軽藩ねぷた村」というところで聞くことが出来ました。

津軽三味線というのは、本当に大きな音が出るものですね。目の前の演奏の音がこちらの体の奥底にまで響き渡るような感じがしました。

あの「べぇ~~~ん」という音色はなんとも言えません。

聞いているだけで、なんとなくじ~んと来てしまいました。

 

次回に続く・・・。