こぎん刺し・菱刺し、裂織

「こぎん・刺子」荻窪清子・著    (日本の染織13 京都書院美術双書)
「こぎん・刺子」荻窪清子・著    (日本の染織13 京都書院美術双書)

前回書けなかった青森のこぎん刺しなどについてご紹介したいと思います。

 

こぎん刺しは全国各地にそれぞれ特徴を持って伝えられていますが、

青森県のこぎん刺しにも地域によって様々な模様があるそうです。

右の写真の上の三縞こぎんは三筋の縞、右の西こぎんは肩の段模様が特長、

左は東こぎんには縞模様がありません。

 

刺し子にはもともと布の補強の意味合いがあります。

そのデザインは、各地で特長を生み出しました。

津軽地方に伝わるこぎん刺しは、藍地に白糸で刺します。

 

一方で青森県の太平洋側・八戸周辺には「南部菱刺し」が伝わっています。

こちらは明治時代に鉄道が通ってから毛糸がもたらされ、

下の写真のように、色糸を使って色彩豊かに刺されるようになりました。

刺す際の布の織り目の取り方の違いで、それぞれの菱型がこぎん刺しは縦長、南部菱刺しの方は横長になります。

どちらも青森県の伝統的工芸品に指定されています。

「こぎん・刺子」荻窪清子・著  (日本の染織13京都書院美術双書)
「こぎん・刺子」荻窪清子・著  (日本の染織13京都書院美術双書)

もう一つ、青森県は裂織(さきおり)が伝えられています。裂織も全国各地にあります。

古い裂を細く裂いて織り込みます。

南部地方ではきれいな色糸を折り込んで、こたつ掛けが作られてきました。

 

今回の旅行で何か記念にと思い、裂織の入ったバッグを買って来ました

ちょっとわかりずらいですが、裂織の雰囲気が伝わるでしょうか?