きものデビュー

先日初等科にいらしている生徒さんが、自分で着物を着て外出するという「きものデビュー」をしました。

それは「きものカルチャー」で実施している「きもの知識」の勉強会の日でした。

授業は恵比寿校で午後からの予定でしたので、時間に合わせて家を出ます。

 

「きもの知識」は、「きものカルチャー初等科・中等科」で行われている授業で、

実際に着物や帯の反物を手に取って勉強していただけるものです。

着物には様々な染織技術があり、テキストにはその説明や写真が掲載されていますが、

実際に手に取って目で確認できるというのは、とても勉強になります。

 

「きものカルチャー」ではこの授業を定期的に開いていて、生徒さんはご自分の都合に合わせて受講出来ます。

今月はこちら印西教室から二人の生徒さんが出席予定でした。

授業が行われるのは恵比寿校ですし、まだ着付けの勉強中ですから、

必ず着物を着ていかなければならないということはありません。

ですがお二人共「着物で行きたい!」と楽しみにしていました。

残念ながらお一人が体調を崩されて、前日に欠席の連絡が。

でも大丈夫!前述のように定期的に開催されていますから、次回参加しましょうね。

 

「雨だったら着物が着れないから晴れるといいなあ~」

とおっしゃる二人共「雨女」とのこと。

ですが私が強力な「晴れ女」なので、当日は晴れ。

出席の生徒さんは午前中にばっちり準備をして、

待ち合わせ時刻にちゃんと着物を着て現れました。

 

翌日「昨日はとても楽しかったです」とお便りが届きました。

勉強の後は美術館に立ち寄ったとのこと。

「最後まで着崩れませんでした!」と嬉しい報告も。

 

着物が着られるようになると、着物を着て外出したくなりますね。

どんどん着物を着て、ますます着物が好きになって欲しいです。

きものデビュー!が上手く行ったようで、私もとても嬉しいです。