新春ドライブ

年初めの三連休の一日、主人とドライブに出掛けました。

行き先は、茨城県笠間市。

盛りだくさんの一日になりましたので、駆け足で書きます。

 

笠間といえば焼き物が有名ですが、

この日の行き先にこちらを選んだのは、骨董市が開かれるとの情報があったからです。

笠間焼だけでなく、色々な物が並んでいました。

特に狙っていたものがあったわけではありませんが、主人はドイツのなんちゃらいうプラモデルメーカーの電車を見つけて釘付けになっていました。

骨董市を一通り見終えて、次は笠間

日動美術館へ。

とその前に、お腹が減ったので美術館前の「ポーム・ド・パン」というフランス料理のレストランに入りました。

店内には花がたくさん生けてあり、内装も綺麗で、お料理もとても美味しくいただきました。

お腹も満たされていよいよ美術館へ。ここではお正月から写真家・白鳥真太郎さんの「貌」という展示会を開催中。これは本にもなっていて、以前に図書館で見たことがあります。

主人はこのポスターがとても気に入り、いただけませんか?と受付の人にお願いすることに。

在庫を確認の上、譲っていただくことができました。



ここまで来たのですから、笠間稲荷にお詣りをします。

新年明けたばかりですから、混みあっていました。

 

お詣りを済ませた後は、最後に茨城県立陶芸美術館へ。

茨城陶芸美術館は東日本初の陶芸美術館で、

人間国宝や文化勲章受章者の作品を見ることが出来ます。

 

 

今回見たかったのは右の企画展。

茨城県といえば結城紬が有名ですが、手の込んだ作品を拝見出来ました。

その他にも着物を黒に染めるのに下地に藍を用いる「水戸染」の展示が。

この染は江戸時代、「水戸公の羽織は江戸城の金屏風によく映える」と言われていたのだそうです。

 

この間、陶磁器に全く興味のない主人は、

公園内で特別に開催されていた遊覧ヘリの飛行へ。

約15分程の遊覧飛行を満喫してきたようでした。