春に向かって・・・

先日生徒さんを「きもの知識」の授業にお連れしました。

「きもの知識」の授業というのは、実際に着物や帯の反物を見ていただいて、

染織技術や着物と帯のコーディネイトをお勉強していただくものです。

こちらの教室にはお勉強していただくための反物は置いてありませんので、

この授業の際には恵比寿校まで足を運んでいただきます。

テキストの文章でしか理解していなかった様々は染織技術を、直に見ていただけるとても貴重な授業です。

 

見ていただく反物は全て売り物ですので、汚さぬように丁寧に扱います。

生徒さんに説明しながら反物を手に取っていると、自分で着てみたくなる反物がありました。

一通り授業を終えてから、改めてその反物や他のちょっと気になった反物をを広げて肩にかけ、

ご一緒した他教室から来た先生や生徒さん、その場にいらした校長先生に見ていただいて・・・

一番顔写りの良い物を選びました。

単衣の着物のお誂えです。

 

染匠では自宅で洗えるwashableの着物を扱っていますから、こちらの反物もwashable加工をお願いしました。

単衣の着物が一枚欲しいワ、と思っていたところでした。

 

まだこんなに寒いですが、最近はゴールデンウィーク頃から夏日のことがあり、とても袷は着ていられません。

仕立ての時間もありますから、今から準備しても早過ぎることはないのです。

染匠の3月の展示会では、もう夏物も出るんですよ。

 

私が自分の反物に夢中になっている間に、

ご一緒した生徒さんはご自分の「washable長襦袢」の反物をお探しでした。日頃から、自分のサイズに合った洗える長襦袢を誂えたいとおっしゃっていました。

お気に入りのものが見つかったらしく、やはりお仕立てへ。

仕上がりを心待ちにするうちに、春はやってきそうです。