映画の中の着物

図書館できものの本を借りました。

「伝えておきたい古きよききもののたしなみ ~日本映画に学ぶ」(河出書房新社)

作家・近藤富枝さんの著書です。

 

近藤さんは、大正11年に日本橋の袋物問屋に生まれました。

「文士のきもの」など、着物に関する著作もある方です。

2016年に93歳で亡くなりました。

 

この本は、日本映画の中に登場する着物を例にとり、当時の流行などを踏まえながら

職業や性別・立場による着物の着方の違いなどについて書かれています。

取り上げられている映画は古い映画がほとんどですので、

見た映画もあるし知らない映画もありました。

若い方にはちょっとわからないかもしれません。

 

 

見たことがある映画は「なるほど」と思いながら読めましたが、

見たことが無くて、この本をきっかけにどうしても見たくなった映画がありました。

今は便利ですね。

早速ネット注文で取り寄せました。

 

その一つがこちら「夜の河」。

近藤さんの本の中に「羽織のコーディネイトが楽しめる」とあったので、取り寄せました。この頃の羽織は今より丈は短め。

私も生まれていない昭和31年の作品で、内容はメロドラマです。

舞台が京都の染物屋ということで、業界の裏側も見ることが出来ます。

 

今では着物はほとんどの場合が「晴れ着」になりました。

これらの映画の中の着物は、日本人が普通に着物を着ていた頃のお話。

帯の結び方や衿の合わせ方、羽織の丈・・・時代や立場によって色々な着方があって興味深いです。