お茶名

お茶を始めて今年でちょうど10年。

先生がお茶名をいただくための申請をして下さいました。

一緒にお茶名申請をしている方がいるので、「記念のお茶事をしたら?」と先生が勧めて下さって、

二人でお茶事の本を取り寄せて勉強しているところ。

お茶事は「口切りの茶事」といって11月を予定していますが、

頭の中では道具や軸のこと、お料理やお菓子・・・など、色々と考えが巡ります。

もちろん手助けが無いととても出来ませんが、今までより少し広い視野で、準備も入念に出来るようでありたい・・・

という気持ちです。

 

そんな中、夏が終わる頃に届くと思っていたお茶名が、先生の手元に届きました。

「本人より先にわかっちゃったらいけないから」と、先生もまだ開封されていないそうです。

では、いつ?・・・というと、ちゃんと「引次(ひきつぎ)」の儀式というのがありまして、

本来なら先生もお茶名をいただく側も紋付の着物で臨むのです。

 

ですが本来ですと今は「薄物」の時期。

お茶をやっている人でも、なかなか盛夏の正装は持っていないものです。

中には袷の着物が着られるようになる季節を待って、という方もいらっしゃるようですが、

せっかく届いたのですもの、早くいただきたいです・・・。

先生が「薄物や紋付で無くても構わない」とおっしゃってくださいました。

もう一人の方が「単衣しかありません~」とのことで、流石に単衣で自宅からいらっしゃるのは暑いので、

先生のお宅で着替えてから始めることになりました。

 

先生が「お稽古の無い日に落ち着いてやりましょう」と、お休みの日を空けて下さいました。

引次の日は、今月の下旬に決定。

厳かな気持ちで、謹んで臨みたいと思います。