猛暑と着物

暑いです・・・(*_*)。

毎日毎日この言葉ばかり耳に入って来ますね。

言っても状況は変わらないワケですが、つい口から出て来ます。

 

着物の方では、7月・8月は「薄物(うすもの)」といって、透け感のある着物を着ます。

着る人だけでなく、見る人にも涼しさを感じさせます。

先日お茶の先生は、京都のお茶会に着物で参加されました。

気温は38℃!薄物と言っても、さすがに汗びっしょりだったようです。

 

着物をよく着る人でも、一年で一番暑いこの時期のために着物をあつらえようとする方は、そんなに多くはないかもしれませんね。

少し前のブログにも書きましたが、今度一緒にお茶名をいただく方が、「引次式」に着る盛夏の着物をお持ちで無いので、

先生のお宅に単衣の着物を持参して、そこで着替えてから行うことになりました。

本来ならば、盛夏の生地で紋のついた着物に袋帯で臨みます。

 

先日着付けの依頼がありました。

8月上旬のお琴の発表会に着物を着られるのですが、今回は二回目です。

前回は冬でしたが、こんなに暑い時期は初めてとのことで、お琴の先生にお尋ねになったところ、

「透けない着物で」と言われたとのことで、こちらでの打ち合わせの際に単衣の着物をご用意されてお持ちになりました。

外を歩かれるのではないですが、やはりちょっと暑いかもしれませんね。

「薄物」の着物は着用時期も短いですし、慣れない方にはちょっとハードルが高いのかも知れません。

  

私が今の季節一番好きなのは麻の着物。

肌につかず軽くて、何と言っても自宅で水洗い出来ます。

あまりきっちりとではなくて、風が通るようにザックリと着るのがポイント。

 

・・・そんな猛暑の中、初等科に入学希望の方が。

まだまだ暑い日が続きますから、浴衣の着付けからお勉強していただきましょうか。

今からお勉強していただければ、

今度のお正月にはバッチリ着物が着られますね。