お茶名をいただきました

先日、お茶の先生のお宅でお茶名の引次式をしていただきました。

外は「40℃に手が届くのでは?」というような連日の猛暑。

一緒に引次を受ける方はお着物持参で、先生のお宅で着物に着替えてから始めました。

 

先生が真台子のお点前をして下さいました。

薄暗いしんとした茶室の中で、心に刻むような気持ちで先生のお点前を拝見していました。

先生が点てて下さった濃茶を、今回お茶名をいただける二人で一緒にいただきました。

 

その後、お茶名の発表。

許状はきちんと箱に入り、裏千家を示す色合いの真田紐で結んでありました。

裏千家からの記念の品もいただいて、嬉しさがこみ上げるとともに身が引き締まりました。

(お茶名は、まだ社中の皆様にも発表していないので、ここには書きません(*^^*))

 

この日の様子は、先生のブログにもあります。

https://blog.goo.ne.jp/gsouwao/e/20ada3d554e0dc407fb541f510cba7ec

 

先生から、「ここからが新しい出発ですよ」とのお言葉が。

そうなんです。

茶道を勉強する者にとってお茶名は、

目標ではなくて再出発のスタートなのですね。

千利休に以下のような歌があり、これからも心に留めて精進して行きたいと思います。

 

  稽古とは一より習い十を知り 十よりかへるもとのその一

 

ところで今月はこれから月末にかけて忙しく、8月に入るとそのまま旅行に行ってしまうので、ブログはしばらくお休み。

旅行から帰りましたら、またご報告します。

 

暑い日が続きますから、皆さまもお体に気を付けてお過ごし下さいね。