口切茶事に向けて

なんて暑い夏でしょう!と感じて来た今年の夏ですが、今日は涼しい北からの風が吹いています。

暦の上ではもうとっくに秋ですが、このまま涼しくなってくれるでしょうか・・・?

 

秋の気配と共に、11月の「口切茶事」が近付いて来ました。

お料理の献立やお菓子、食器やお道具など、あれこれと考え始めています。

淡交社編集局編
淡交社編集局編

 

右の写真は先生から勧められた口切茶事のテキスト本。

一緒に亭主をすることになっている方とそれぞれ購入して、只今勉強中。

既に茶事の流れの中の大きな役割分担は出来ていて、

口切や茶壺の飾り結び、濃茶と薄茶、初炭・後炭・・・

それぞれどちらがやるかなどはおおよそ決めました。

次回のお稽古で、私たちの他にお料理を手伝って下さる先輩もご一緒するとのこと、

お料理についても相談が進みそう。

亭主役のもう一人の方が薄茶用のお菓子作りに挑戦されているようで、

「上手く出来たら、今度持って行きますね」

うふふ、楽しみです。

 

私の方はというと、茶壺の紐飾りをする予定です。 

「口切茶事」というのは、もともとこの茶壺に納められた新茶をお客様の前で「口切り」して、その新茶でお客様をおもてなしするというものですが、茶壺の口を切った後は紐で飾りをして床の間に置いておくのです。

ちょっとわかりにくいですが、テキスト本の写真の左下が

その紐飾りをしているところ。

この紐飾りは、茶壺の正面・右側・左側で全て結び方が異なります。これをわずかな時間の中で仕上げて、床の間に飾らなければなりません。

 

先日の旅行で泊まったホテルのロビーで、

右の写真のような紐飾りを見つけました。

これは立礼式の棚ですが、脇に紐飾りが。

この時既に11月に茶壺の紐飾りをすることがわかっていたので思わずパチリ。

この紐飾りをきれいに仕上げるためには、練習を重ねるしかないですね~。