香取神宮と鹿島神宮

先日の連休に主人と久しぶりに休みが重なり、それでは何処かに出掛けようということになりました。

夕方には調子の悪くなったパソコンのマウスを買いに行く予定もあったので、あまり遠くではなく・・・

ということで、鹿島神宮までドライブすることになりました。

 

鹿島神宮はここから利根川に沿って東へ走り、

神宮近くで川を越えて茨城県に入るとすぐそこ。

車で約1時間です。

 

途中に香取神宮があるので、立ち寄りました。

結構賑わっていて、駐車場はいっぱい。

境内はきれいにお掃除されていて、

すがすがしい気持ちになりました。

 

                香取神宮
                香取神宮

それからまた少し走って鹿島神宮へ。ここを訪れるのは二度目です。

こちらも賑わっていて、無料駐車場や便利の良い駐車場は停めるのに行列が出来ていました。

少し歩く所に停めましたが、それでも神社へは歩いてすぐです。

この日の気温は30℃ありましたが、境内はたくさんの木々に囲まれていてひんやり。

神宮内を一回りしての帰り道、鳥居の近くで一番右の写真ような常夜灯を見つけました。

正面に「江戸十組 茶問屋」とあり、その下に十人の名前が刻まれていました。

後ろには「享保」とありましたので、江戸時代中頃のものですね。

江戸の茶問屋十組が、揃って寄進したのでしょう。

思わぬところで、面白い発見がありました。