口切の茶事が終わりました

7月にお茶名をいただいてから準備を重ねていた口切の茶事が、昨日お天気にも恵まれて無事に終了しました。

今回は同じ時にお茶名をいただいた方と二人亭主。

懐石はベテランの先輩に全般的にお願いして、進行や担当については手順良く出来るように二人で話し合ってやりました。

お客様で席入りして下さっていた先生も、心配でちょくちょく水屋に顔を出して下さいました。

 

当日は、朝まだ自宅に居る頃から普段にはしないようなことを色々とやらかしました。

やはり、気持ちがどこか落ち着かなかったのかもしれませんね。


「お花が一番たいへんなの」と先生に言われて探した椿。最終的には、お庭に白玉椿のある方から分けていただいたものを、先生に活けていただきました。

花入は「真」の曽呂利。

茶壺の飾り結びも何とか時間内に出来ました。

何回も試作を重ねた主菓子。

栗餡をそぼろにしてイガに見立て、小豆あんの回りにつけました。自分でつけた銘は「里の秋」。

水屋で乾かないように縁高の中のお菓子にラップをかけておいたのを取り忘れて、そのままお客様に出してしまうという大失敗。

今回はそれも笑い話にしていただいて・・・。



いよいよ濃茶のお点前。お客様は4人。

一度に4人分を点てるの濃茶は、なかなか難しいです。

前日に先生のお宅で最後の練習をさせていただいた時にも、

まだ課題が残っていました。

美味しいお茶を飲んでいただきたい・・・

その気持ちだけ持って、心を込めて点てました。

後で先生から「今まで練習した中で、一番良く点てられました」と言っていただき

ほっとしました。

 

どんなに準備しても、失敗無く終えることはなかなか難しいです。

だからこそ、次回には!と思えるのですが。

ご一緒して下さった皆さま、色々ご準備下さった先生、

どうもありがとうございました。