棗(なつめ)にまつわるエトセトラ

お茶の友人と、東京国立近代美術館・工芸館で開催中の「棗(なつめ)にまつわるエトセトラ」という展示会に行ってきました。

工芸館の所蔵品の中から、人間国宝の作品や近代の漆芸家・木工芸作家が手掛けた作品がたくさん出品されるというので、期待しながら出掛けました。

棗はお茶を入れる道具ですが、その形もそこに施される装飾も実に様々です。

今回は「漆芸」が見どころの中心。

漆芸には、蒔絵、螺鈿、彫漆・・・など様々な技法がありますが、

どれも本当に細やかで、その繊細さは日本人ならではと言えるかも知れません。

漆製品を英語で「Japan」というのもうなずけますね。

今回の展示作品では、人間国宝の作品を含めた数々の作品の様々な手業を間近に見ることが出来、

その素晴らしさにうっとりしました。

 

工芸館では水曜日と土曜日に「タッチ&トーク」というイベントを行っています。

これは約1時間で、作品に実際に触る機会と学芸員の方から詳細な説明を聞ける機会が一緒になったもの。観覧券があれば誰でも参加出来ます。

行った日がちょうど土曜日でしたので、参加してきました。

別室で作品に触れながら漆の基本についてお話を聞いてから、展示室に移動して

いくつかの作品について詳しい説明を聞きました。

例えば、展示品の中の室瀬和美氏の「老松蒔絵棗」には、点々と丸く光る装飾が。

学芸員の方が「これは何だと思いますか?」

果てさて何でしょう・・・銀?真鍮???

なんと小さな真珠とのことでした。

正に日本の手業ですね~。

会場の最後に「近代工芸の名品」と呼ばれるの物が何点か展示されていました。

ふと目に留まったのが、香取秀真(かとり ほつま/1874ー1954)の銀製の花瓶。

香取秀真は印西出身の鋳型工芸作家です。

鳥が彫られた優しい雰囲気の作品でしたが、ここで香取秀真作品に出会うとは思っていませんでした。

 

興味のある方は、今月11日(月・祝)まで展示しています。